2016年11月21日

椋鳩十児童文学賞交流事業

IMG_5053.JPG椋鳩十児童文学賞交流事業で、
鹿児島に行ってまいりました。
昨年に続き2回目なので慣れたもの♪
……なんてことはちっともなくて、
今回は直前に打ったインフルエンザの
予防接種が仇となり、
出発前日まで悪寒+頭痛+喉痛の
「行けなかったらどうしよう〜」状態。
とにかく体を鹿児島へ運んで、
2回の講話の間だけ立っていられれば
と思っておりましたので、飛行機に
乗り込んだときはほっとしました。
結果的に、気圧の変化による耳痛と気温差による汗に苦しんだぐらいで、講話に臨むことができました。
うかがったのは、鹿児島市内の松原小学校と喜入小学校の2校です。
松原小学校は、市中心部にある桜島への錦江湾横断遠泳で知られる小学校、
喜入小学校は、映画「ゆずの葉ゆれて」の撮影が行われた小学校です。
規模も雰囲気もまったく異なる2校でしたが、先生方を含めて、恐縮するほど歓迎してくださいました。
うれしかったのは、講話のあとたくさん質問の手が上がったこと。
その内容から、子どもたちが「ぼくとあいつのラストラン」をしっかり読み込んでくれたことが
伝わってきて、感激しました。
心に残ったのは、喜入小で最初に手を上げてくれた6年生の男の子。
その子は「どうしてこの本を書こうと……」と切り出した次の瞬間、
「す……すきな食べ物はなんですか?」と質問を切り替えたのです。
その答えは、講話の中で語られていたことを思い出したようです(笑)
想定外の、何ともかわいらしい質問に、一瞬つまってしまいました。
で、とっさに思いついたのは「甘いもの」(笑) 鹿児島名物の『白熊』が大好きです!」と答えました。
実は、質問してくれた男の子は、「ゆずの葉ゆれて」で、
主人公・武の親友・拓也を演じてくれた内薗尚輝くんでした。
あとから先生に教えられて、ちょっと泣きそうになりました。
学校訪問のあと、映画のロケ地をご案内いただいた話は、また次の機会に(*^_^*)

追記
あの質問、「晴れの日とくもりの日と、雨と、どれが好き?」という
「おもひでぽろぽろ」の名セリフを思い出して、ジーンとしました(T_T)
posted by roku at 16:55| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

「仙台真田氏物語 幸村の遺志を守った娘、阿梅」堀米薫

34571_big01[1].jpg角田市在住の作家・堀米薫さんの最新作です。
ようやく、腰を据えて読むことができました。
じっくり味わおうと思っていたのですが、
「仙台」と「真田」のキーワードに惹かれて、
結局、一気読みしてしまいました。
物語は、九度山で謹慎中の幸村に阿梅が生まれたところから始まります。
ちょうど、大河の「真田丸」も幸村が九度山を離れて、大阪城へ入ったところ。
面白くないわけがありません!
とは言え、歴史に疎いワタクシ、白石と真田氏が関係があるということは
薄っすらと知っておりましたが、その経緯まではよくわかっておりませんでした。
それどころか、九度山を離れた幸村たちがどんな運命をたどるのかすら、
実はよく分かっておりませんでした。
「仙台真田氏物語」は、幸村の娘・阿梅がどういう経緯で白石にやってきたのか、
堀米さんならではの筆致で、とても分かりやすく書かれておりました。
それだけではありません。戦国の世に生まれた少女が、どのような思いで「家」のために生き延び、
また再興を目指したのかが、生き生きと描かれておりました。
白石や蔵王など、「仙台真田氏」の痕跡を訪ねてみたくなりました。面白かったです!
posted by roku at 22:45| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

「ふるさとは、たからのまち」佐々木ひとみ

IMG_4833.JPG富谷市市制施行記念絵本『ふるさとは、たからのまち』
作 佐々木ひとみ 絵 ストー・ミナコ
という絵本が、10月10日に誕生いたしました。
この日、仙台市のお隣にある富谷町が、富谷市となりました。
合併ではなく単独で町から市に移行するのは、
県内では45年ぶりとのこと。
「富谷市」は、宮城県では14番目、東北では77番目の市となりました。
この市制移行を記念して制作されたのが、今回の絵本です。
何度もまちに足を運び、ロケハンし、
まちの方にお話をうかがい、練って、練って、練って……。
私にとっては、初めての絵本でございます(広告・自主制作をのぞくと)。
とはいえあくまで「市の制作物」ですので、本来であれば納品されて終わりなのですが、
ご担当のみなさまのご尽力により、富谷市と仙台市の一部書店でも販売していただけることになりました。
引っ越してきたばかりの少女が、長くこのまちにに棲む不思議な少年と出会い、
「ほんとうのたから」を探すというストーリーです。
絵本という体裁ではありますが「小学校中学年を想定して」とのリクエストですので、中身は濃いです。
子どもに限らず、ここで生まれ育った方には「ふるさと」を見直すきっかけに、
また新しく越してきた方には「ふるさと」を知るきっかけになってくれればいいなぁと思っています。
そして、同じ思いで「ふるさと・富谷」を見つめ、大切に思う気持ちを育んでいただけたら、と。
帯は、宮城県在住のアーティーストMONKEY MAGICのメイナード・プラントさんと菊池拓哉さん、
そして若生富谷市長が書いてくださいました。
MONKEY MAGICのお二方は富谷市民だそうで、今回「富谷市市民歌」を制作なさったご縁です。
(とても素敵な歌です。https://www.youtube.com/watch?v=THHq0_B0sJo)
『ふるさとは、たからのまち』、どうぞよろしくお願いいたします。
特に、「富谷町」ご出身のみなさまには、ぜひとも<(_ _)>

◎取扱い書店(10月14日現在)
TUTAYA富谷大清水店/蔦屋書店仙台泉店/宮脇書店泉が丘店/金港堂一番町本店・泉パークタウン店/ヤマト屋書店仙台三越店・仙台八幡店・東仙台店/丸善ジュンク堂店仙台アエル店/八文字屋書店泉店・SELVA店・ヒルサイド店

◎お問い合わせ先
富谷市役所 企画部企画政策課 市制移行・地方創生推進室
posted by roku at 09:05| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

「釣りに行こう!」高橋秀雄

9784580822986[1].jpg7月に行われた「第3回 童話塾in東北」で、
「次は釣りの本」とうかがったときから、楽しみにしておりました。
高橋秀雄先生の最新刊『釣りに行こう!』(文研出版)です。
実は私、小学校低学年の頃、自作の釣竿で釣りをしたことがあります。
何の拍子でそんなことになったのかは忘れてしまいましたが、
竿は裏の竹藪からとってきた篠竹、糸は細く割いたビニールテープ(!)、
針はUの字に曲げた針金(!)です。
家の向かいの川に、辺りが暗くなって、母が迎えに来るまでおりました。
本気で釣ろうと思っていました。本当に釣れると思っていました。
大きな魚を釣って、家族をびっくりさせてやる! その一心でした。
あのとき感じた、「わくわく」で胸がぱんぱんになる感覚を、
『釣りに行こう!』は思い出させてくれました。
主人公は小学五年生の佑太です。 佑太は、いとこと大イワナを釣り上げたことをきっかけに、
幼稚園からの仲間のテツとじいちゃんを誘って釣りをはじめます。
本を読み、道具を揃え、川を見に行き、管理釣り場で腕試しをし、3月1日の解禁をひたすら待つ。
……そして迎えた、大谷川の解禁の日!
読んでいるうちに、読んでるこっちまで気持ちが高ぶってきます。
「好き!」と言えるものがあるって、いいなぁと思いました。
クラスのまゆみちゃん、じいちゃんの昔の釣り仲間の野沢さん、
掛け値なしの「好き!」は、みんなを楽しくするのだと感じました。
最後の数行が、喜びにあふれていて素敵でした。
腕に覚えのある方も、ない方も、釣りをしたくなることまちがいなし!
子どもたちはもちろん、かつての釣り少年・少女にも読んでいただきたい一冊です。
posted by roku at 13:34| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

映画「ゆずの葉ゆれて」の予告動画が公開されました♪

映画「ゆずの葉ゆれて」の公式ホームページにて、予告動画が公開されました。
これでようやく主題歌「君の名前を呼ぶ」を聴いていただけます♪
作ってくださったのは、元ちとせさん。
初めてこの歌のデモテープを聴かせていただいたとき、目から涙が噴き出しました。
原作「ぼくとあいつのラストラン」(スカイエマ絵/ポプラ社)の物語の世界観をしっかりと捉え、
大きく膨らませてくださっていることに胸を打たれました。
出版社の会議室で、初めてお目にかかる方たちの前で、でしたが、涙をこらえることができませんでした。
動画では、主人公・武を演じてくださった山時聡真くんのみずみずしい演技もご覧いただけます。
去年、撮影地・喜入で会ったとき、顔を見た瞬間「あ、タケだ!」とうれしくなりました。
そうま君は初めての映画出演で、1か月余り喜入に滞在しての撮影だったとか。
クランクアップの時、「帰りたくない!」と号泣したという新聞の記事を読んで、
「こんなところもタケみたい」ともらい泣きいたしました。ぜひご覧くださいませ。
◎映画「ゆずの葉ゆれて」公式ホームページ
http://yuzunohayurete.com/
posted by roku at 19:12| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

映画の公式ホームページ

映画「ゆずの葉ゆれて」の公開が迫る中、いろいろあわただしくなってまいりました。
うれしかったのは、公式ホームページが更新されたこと。
「工事中」だったコンテンツが、いくつか新たに公開されております。
私が書かせていただいたメッセージもございますので、ご覧いただければ幸いです。
映画が撮影された鹿児島市や喜入地区では、映画を支援する会が結成されたとうかがいました。
その熱気からは、自分たちのまちで生まれた映画を日本各地にとどまらず、
世界にまで届けようという思いが伝わってまいります。
映画は映画を製作なさったみなさまのもので、原作者である私ができることは限られておりますが、
「ぼくとあいつのラストラン」(絵:スカイエマ/ポプラ社)をかわいがってくださった
鹿児島、喜入のみなさまの夢が叶うよう、微力ながらお手伝いをさせていただく所存です。
◎映画「ゆずの葉ゆれて」公式ホームページ
http://yuzunohayurete.com/
posted by roku at 00:24| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

映画「ゆずの葉ゆれて」

978-4-591-11275-5[1].jpg8月20日(土)の全国順次上映開始に向けて、
映画「ゆずの葉ゆれて」の動きが
いよいよあわただしくなってまいりました。
少しでもお役に立てればと、
私も慣れない広報活動に汗を流しております(笑)
『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)
第20回 椋鳩十児童文学賞を受賞してからまる6年。
こんな日々が待っていようとは思いもしませんでした。
本映画の三角プロデューサーとの出会いはまさに、椋賞のパーティーでした。
「映画化したい」と直接声をかけていただきましたが、もちろん半信半疑でした。
出版社の方も「そういうお話は山ほどあっても、実現したためしはありません」とおっしゃってたし。
冷静にならねばっ!と気を引き締めたのを覚えています。
三角さんは本気で「椋賞受賞作の中から鹿児島を舞台に作品を撮りたい」と思っていらしたのだと、
あとから知りました。本当に申し訳ないことをしたと反省しております。
「ゆずの葉ゆれて」は、原作の世界観はそのままに、子どもだけでなく、あらゆる年代に届くように
仕上げていただいております。ぜひ、ご覧いただければ幸いです。
上映地・上映館につきましては、決まり次第、順次ご紹介させていただきます(*^。^*)
映画「ゆずの葉ゆれて」公式ホームページ
posted by roku at 20:19| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

映画「ゆずの葉ゆれて」のマスコミ試写がはじまります♪

試写状‗裏.jpgご無沙汰しております。
拙作「ぼくとあいつのラストラン」が原作の
映画「ゆずの葉ゆれて」のマスコミ向け試写会が、
いよいよ5月27日(金)からはじまります。
8月20日(土)の全国ロードショーに向けて、
5月から8月にかけて計7回開催されるのだとか。
今のところ、東京と鹿児島での上映は決まっておりますが、
それ以外は今のところ未定。
私の出身地でありラストランの舞台でもある茨城、私が現在暮らしている仙台での上映も同じです。
まずはこのマスコミ試写で、映画を広めていただくことが大切なのだそうです。
今、私の地元は、大和町吉岡が舞台の映画「殿、利息でござる!」で盛り上がっております。
すでに2度観ておりますが(笑)、もう1度ぐらい観ておこうかと思うぐらいいい映画でした。
原作者の磯田さんは映画に至った経緯を「感動のドミノ倒し」と表現していらっしゃいますが、
私は幸せの連鎖だと感じました。善きことは、善き流れを作り、大勢を幸せにするのだと思っています。
映画「ゆずの葉ゆれて」は、鹿児島市の喜入という地区で撮影されました。
町の方々の熱意とご厚意で出来上がった映画といっても、過言ではありません。
原作者としてはこの映画が、喜入の歴史に「楽しかった記憶」として刻まれることを願うばかりです。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by roku at 18:41| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

第3回 童話塾in東北!

160423第3回童話塾in東北チラシ/修正版/JPEG.jpg
7月17日(日)、日本児童文芸家協会主催の「第3回 童話塾in東北」が開催されます!
記録的な大雪だった1回目、記録的な暑さだった2回目を経ての、3回目です。
今回の童話塾は、「書く」がテーマとなっております。
目玉は、「やぶ坂に吹く風」や「地をはう風のように」といったご著書のある高橋秀雄先生のご講演!
私も、自作に込めた思いなどをお話させていただきます。
第2部では、日本児童文芸家協会会員の作家を中心に、グループに分かれ、
参加者の作品について意見交換を行います。
東北にお住まいで、童話に興味をおもちのみなさま、ぜひぜひご参加くださいませ。
posted by roku at 18:23| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

主題歌が発表されました

978-4-591-11275-5[1].jpg熊本のみなさま、九州のみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。
迷いましたが、お世話になった方々の
ご無事がわかりましたので、
投稿させていただきます。
本日発売のデイリースポーツに、
『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)が原作の
映画「ゆずの葉ゆれて」の主題歌の情報が掲載されました。
元ちとせさんが歌ってくださいます。タイトルは「君の名前を呼ぶ」。
今回の映画には、“鹿児島市椋鳩十児童文学賞記念映画≠ニいう冠がついております。
そのため、撮影は全て鹿児島市の喜入町を中心に行われました。
元ちとせさんは、鹿児島県奄美大島のご出身で現在も住んでいらっしゃるというご縁で、
主題を引き受けてくださったとうかがっております。
初めて聴かせていただいたとき(それはまだ試写を拝見するだいぶ前のことでしたが)、
不覚にも涙をこぼしてまいました。 初めてお目にかかった方々の前で。ありえない!と心で叫びつつ。
映画は児童文学として誕生した原作を、さらに広い年代の方々にも伝わるように
豊かに肉づけしてくださいましたが、
主題歌は逆に、原作の芯をとらえてくださっているように感じました。
世界観を小さなシーンに凝縮する、これを詩として、メロディーにのせて伝えるのが歌で、
文章として整えて伝えるのがコピーなんだなぁとも感じました。
元ちとせさんの「君の名前を呼ぶ」、胸に沁みるやさしい歌です。
そして、喜入の風景を思い起こさせる、美しい歌です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by roku at 10:00| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

「万智子とはがまるくんの芳賀町探検記」漆原智良

100450224[1].jpg児童文学作家にして教育評論家の
漆原智良先生の絵本、
「万智子とはがまるくんの芳賀町探検記
―かぐわしき黄金の大地を行く」を拝読しました。
夏休み、東京に住む6年生の芳賀万智子が、
芳賀町に住むおじいちゃんの家に
遊びにやってきたところから物語ははじまります。
万智子には目的がありました。自由研究で「おじいちゃんが住む町」を調べることにしたのです。
おじいちゃんは「じいちゃんも協力すっぺ」と、資料をもらいに町役場に寄ってくれます。
そこで出会ったのが、町のキャラクター「はがまるくん」でした。
このはがまるくんには、秘密があって……。
次々に紹介される芳賀町の魅力に、万智子と一緒に出会うことができる点、
さらに町のキャラクターが自然なかたちで絵本の登場人物になっている点に心ひかれました。
こんな風に絵本に丁寧に描かれて、芳賀町の人たちはどんなにうれしいことだろうと思いました。
また、文章の端々から、漆原先生の芳賀町に対する熱い愛情が伝わってまいりました。
個人的には、故郷茨城の方言と芳賀町の方言が似ているのがうれしくて、
おじいちゃんの声を、わが父の声に変換して読ませていただきました。
絵も、大らかでとっても素敵! 特に表紙の絵が魅力的でした。
町の魅力を絵本で伝える、とっても素敵な作品だと思いました。いつか、芳賀町に行ってみたいです!
posted by roku at 16:42| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

「ガラスの壁のむこうがわ」せいのあつこ著

9784337187597[1].jpgせいのあつこさんのデビュー作、
『ガラスの壁のむこうがわ』(国土社)を拝読しました。
痛々しいほど美しい言葉たちにまずやられました。
主人公・由香の心象に、一気にひきずりこまれました。
心の奥の奥に封印していた扉が、ぎぎぎと開きました。
たぶんそうは見えていないと思いますが、
ほぼ同じ経験をしたことがあります。
小中まったく同じ顔ぶれで身内のように過ごしたため、
よその学校の子といっしょになると、もうどうしていいかわかりませんでした。
高校で生まれて初めて体験したクラス替えは、まさにパニックでした。
新しい友達の作り方はもちろん、 離れてしまった友達との距離のとりかたもわからない。
それはいまだに尾を引いていて、一対一なら何とかなりますが、
三人になると、どうしていいかわからず、 勝手に傷ついたりしております。
なので、由香がどんな風に乗り越えるのか、もしくは乗り越えずに別な方法をみつけるのか、
早く答えが知りたくて、ひさびさに一気読みしてしまいました。
半世紀ちかく生きてきていうのもなんですが、この本に出合えてよかったです。
ってか、あの頃の自分に読ませてあげたかったです。
posted by roku at 10:48| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

映画『ゆずの葉ゆれて』初号試写

昨日、東京に日帰りでいってまいりました。
映画『ゆずの葉ゆれて』の関係者試写会があったのです。
完成形を拝見するのは、もちろん初めて。
正直なところ、どんな作品に仕上がっているのか、ドキドキでした。
私は「ぼくとあいつのラストラン」という原作を提供しただけで、
映画は映画関係者のみなさまのもの、と、言い聞かせながらの上京でした。
ただひとつだけ、かかわってくださったすべての方に
喜んでいただけるような作品に仕上がっていますように、と祈っておりました。
結果的に、素敵な映画に仕上がっておりました。
冷静に、冷静に、とは思っていたのですが、しょっぱなから泣きっぱなしで、
途中から、恥ずかしいし、めんどくさいので、涙をぬぐうのをやめました(笑)。
映画って、単に立体化するということではない ということに気づきました。
監督さんは、書いていない、あるいは、書けていなかったことまで描いてくださっておりました。
俳優さんたちは、微妙な心情を、具体的な表情や仕草や声で表現してくださっておりました。
ヘタレな私は「映画と原作は別物ですから」という感想を用意しておりましたが、
観終わったあとは、ただただ「ありがとうございました」でした。
かかわってくださった方々、みなさんに喜んでいただける作品になっていると感じました。
ここから先は、この映画を力いっぱいおすすめしてゆくことが
お世話になったみなさまへのご恩返しだと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by roku at 07:51| Comment(6) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

「黄砂に挑む〜緑の高原をめざして」高橋秀雄著

33402305[1].jpg私の特技は、食べられる木の実・草の実を
目ざとく見つけられることです。
山の中で育ったせいか、植物が大好きなのです。
2キロにおよぶ通学路(山道)では、空腹を満たすため、
木の実・草の実にお世話になりました。
すかんぽ、グミ、もみじいちご、
アケビ、つばな、つつじ、桑の実……。
大人になった今でも、道端で見つけた
木の実・草の実に反射的に手を伸ばし、口に持っていくクセがあります(笑) 
同じ季節風の大先輩で、敬愛する高橋秀雄さんからご恵贈いただいた
「黄砂に挑む〜緑の高原をめざして」(新日本出版社)を読み始めたとき、
まず惹かれたのは、主人公である一前宣正さんの子ども時代のエピソードでした。
やはり、木の実をおやつにしていたのだそうです。一気に親近感がわきました。
部活より山を選んだ草オタクだった一前さんは、農学部に進み、除草剤の研究をします。
研究者として大学に残ってからは、世界各国の雑草図鑑を集め、『世界の雑草』をまとめました。
『黄砂にいどむ 緑の高原をめざして』は、自らを「雑草屋」と称する雑草の専門家だった一前さんが、
黄砂を発生させる中国の黄土高原の緑化に取り組んだ姿を紹介するノンフィクションです。
「雑草」とひとくくりにされがちな植物にはそれぞれ名前と性質があることに、改めて気づかされました。
「雑」の字のイメージとは裏腹に、命の営みや人の暮らしをさまざまな形で
支えてくれているのだという事実は、新たな発見でした。「雑草」の奥深さに感心しました。
後半はいよいよ、黄土高原との格闘の日々です。
「雑草」と呼ばれる生命力の強そうな植物でさえ、育つことができない土地。
緑化は、黄砂を解消するのが目的ではなく、その土地に生きる人々の暮らしを向上させることにあります。
そしてそのプロジェクトは、まだ進行中とのことです。
何より、一前さんの雑草への想いに胸を打たれました。「雑草とともに生きよう。雑草と話をしよう」。
春になったら、野道をゆっくり歩いてみたくなりました。
壮大で、繊細で、示唆に富んだノンフィクションでした。




posted by roku at 18:04| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

アサギをよぶ声

81CHrdTqSvL[1].jpg森川成美さんの『アサギをよぶ声』
(偕成社・絵/スカイエマ)の
第2巻「新たな旅立ち」
・完結編「そして時は来た」を
読み終えました。
実は2巻は9月に出版されてまもなく
読み終えていたのですが、
3巻目が11月に出ると知り、
81xzyeDmybL[1].jpgそれを待ってご紹介させていただこうと
思っておりました。
なぜなら、2巻を読んで、
すぐにでも3巻が読みたくなったからです。
次号が待ちきれない感覚、ひさびさでした。
そして届いた3巻・完結編。
ちびりちびりと楽しむはずが、
結局一気読みしてしまいました。
主人公・アサギが、とにかくいい!
弓の競い合いには勝ったものの、望んでいた戦士に結局なれず、女屋で布を織っていたアサギが、
密命を帯びて秘密裏にとが村に行くところから、物語は一気に加速してゆきます。
戦士になりたいと願っていたアサギが、大切な人を救うために自ら生き口になり、
そこから脱出を図り、さらに村を救うために立ち上がり、奔走する。
その結果、アサギはついに「戦士」になります。そして、他の村の戦士を先導して村を救うのです。
そう書くと「少女が勇敢に戦う物語」のようですが、そうではありません。
アサギは、闘いの中で、自分があれほど望んでいた「戦士」の現実を知るのです。
決戦の日の、アサギの心の描写が心に残りました。
やられて死ぬとわかったときの自分の気持ち、それが死ぬことそのものよりもおそろしいのかもしれない。
勇気と「モノノミカタ」で深く考える力。
この両方を持つアサギの生き方を、もっともっと見たいと感じました。
posted by roku at 19:36| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

「しゅるしゅるぱん」

512-XCA0NWL._SX366_BO1,204,203,200_[1].jpg福音館書店から『しゅるしゅるぱん』
(作・おおぎやなぎちか/画・古山拓)が出版されました。
おおぎやなぎちかさんの児童書デビュー作です。
第15回児童文学ファンタジー大賞佳作受賞作を
6年かけて加筆修正なさったとのことですが、
まさに、まさに、「満を持して」の一冊!
まず、『しゅるしゅるぱん』というタイトルにわくわくいたしました。
そのわくわくは、プロローグの一行目でみごとに粉砕されました。
実は私、この作品は「しゅるしゅるパン」というパンのお話だと勝手に思い込んでいたのです。
それがパンではなく、おまじないの言葉であったとは……。 
読み進めるうちに、「しゅるしゅるぱん」は単なるおまじないの言葉ではないこともわかってきました。
「しゅるしゅるぱん」というおまじない、主人公の前にあらわれた不思議な少年、
妖怪の姿が見える妖怪作家、おひこさん、生まれなかった子ども、家族のひみつ、しかも舞台は岩手!
おもしろくないわけがありません。
住み慣れた東京から、父のふるさと岩手の朱瑠町に越してきた少年・解人によって、
4代にわたる物語が解き明かされていく過程は、ほろりとさせられたり、ドキドキさせられたり。
特に、サクラの下のおひこさんと「しゅるしゅるぱん」のシーンは胸に迫りました。
風景や季節の描写のみごとさは、俳人であるおおぎやなぎさんならでは。
凛としたおおぎやなぎさんの世界観を表現した、仙台在住の画家・古山拓さんの絵も見事でした。
秋田生まれのおおぎやなぎさんと、岩手生まれの古山さん、東北のエッセンスを強く感じる作品でした。
posted by roku at 11:01| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

ご無沙汰しております

気がつけばすでに11月!
前回の投稿が9月5日ですから、まるまる2か月ぶりの投稿となります。
振り返りますと、9月7日は北茨城市の「ふれあい文庫交流会」にうかがいました。
そのあと、お彼岸に稲刈りをして……免許を更新して……うーーーん。
10月は26日が誕生日で、お誕生会(笑)をしていただいて、
それから30日にセンダイ自由大学さまの「水先案内本カフェ」で
『もののけ温泉 滝の湯へいらっしゃい』を取り上げていただいたりして……。
なんだかんだで、今日に至っております(笑)
ここまででいちばん大きな出来事は、河北新報夕刊に連載しておりました
『仙台いやすこ歩き』が終わったことでしょうか。
(あ、連載は続いておりますが、私は修行の旅に出るということで卒業させていただきました)
最終的に1年間で22本書きました。取材もあるので、なかなかハードな日々でした。
でも、大好きな「仙台の食」がテーマでしたので、楽しく書かせていただきました。
新聞にあるまじきノリを認めてくださったご担当さまに感謝です!
そして、コンビとして絵を描き、たくさんの話題を提供してくださった画伯こと、
イラストレーターの本郷けい子さんにも!
ときおりへこたれるワタクシを叱咤激励し、引っ張ってくださった頼もしい姿に、
イギリスを旅した日々を思い出しました。本当にありがとうございました<(_ _)>
というわけで、一抹の寂しさをかみしめつつ、今は次の山へと向かって歩き出します。
また新しい本を出せるように、どうなるかわからない原稿を書きはじめます。
posted by roku at 17:34| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

映画のこと

yuzunohachirashi2[1].gifおかげさまで、ポプラ社のホームページに、
映画のお知らせを掲載していただきました。
映画はプロデューサーをはじめ監督や製作スタッフ、
撮影にかかわったみなさまのもので、
私は原作を提供したというだけにすぎません。
何ができるというわけではないのですが、
現地にうかがって現場の雰囲気に触れ、
みなさまの熱さ、温かさに触れてはじめて、
映画作りが地域づくりにつながっていることを知りました。
そして、「何かしなければ」と思うようになりました。
実は故郷・高原でも、映画の撮影が行われたことがあります。
西川美和監督の「ディア・ドクター」です。
都会から撮影隊の方々が大勢来てくださったことで、
すでに限界集落化していた集落はにわかに活気づきました。
父やまだ存命だった母、近所のおじちゃん、おばちゃんたちは、それはそれは楽しそうでした。
だれからも顧みられることのなかった山奥の小さな集落と、
画面の中でしか見たことがなかった世界がつながったことに 誰もが興奮していました。
まるで「お祭り」のように。
高原の歴史からすれば、それはまさに一瞬の祭りでしたが、
まちがいなく、晴れがましい、きらめく記憶となりました。
鹿児島市喜入地区の撮影現場を訪ねたとき、 撮影を遠巻きに見ている地区の方々を見かけました。
「ああ」と思いました。 「ディア・ドクター」のときの、父や母の姿が重なりました。
その頃、高原で暮らしていたら、私もその中にいたはずです。
喜入地区で撮られた映画「ゆずの葉ゆれて」が、日本、そして世界へと広がり、
映画が、喜入地区とそこに暮らしている方々の、 楽しい思い出になってくれることを願ってやみません。
自分が暮らす場所やふるさとが、 他所から注目されることは文句なくうれしいものですし、
そのうれしさから、消えかけていた何かがつながったり、
また新しい何かが生まれたりすることもあると思うのです。
そうであってほしいと願っています。ご協力いただけましたら、幸いです。
映画「ゆずの葉ゆれて」公式サイト

映画制作サイト
ポプラ社お知らせページ
posted by roku at 10:28| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

映画「ゆずの葉ゆれて」♪

yuzunohachirashi2[1].gifぼくとあいつのラストラン」(ポプラ社)が
映画になるとお知らせしたまま、
だいぶ経ってしまいました。
タイトルは、鹿児島市椋鳩十児童文学賞記念映画
「ゆずの葉ゆれて」と申します。
先日、この映画の撮影地である
鹿児島市喜入にお邪魔してまいりました。
今回の訪問の目的は、「映画の撮影現場の見学」と、
IMG_1045.JPG 撮影に全面的に協力してくださっている
地元の方々を対象とする講演会と交流会です。
現地に着いて「先生」と呼びかけられるたびに身が縮み、
「私なんかが……」と思っておりましたが、
300席もの椅子が並べられたホールに入り、
舞台に掲げられた大きな看板を目にした瞬間、
そんな甘ったれた考えは捨てなければと思いました。
平日の夕方、時間を割いて講演を聞きに来てくださる方々、
また撮影に協力してくださっている映画を支援する会の方々、
さらに実際に撮影なさっているスタッフのみなさま、 演じてくださっている俳優のみなさまに対して、
「私なんかが」という態度では失礼にあたると思いました。
考えた末、同伴してくださった出版社の方にお願いしました。
「今から“原作者の先生”を演じますので、笑わないでくださいね」と。――もちろん、大真面目です。
町のみなさんに喜んでいただけるなら、 映画の撮影がスムーズに行われるなら、
さらに、映画が評価されることで町が活気づくなら、
私にできることは何でもしよう、しなければ、と思いました。
それくらい、喜入の方々は町をあげて協力してくださっておりました。
願うのは、映画撮影をきっかけとする地域の活性化、
町おこしの成功例になっていただきたいということです。
そう願わずにはいられないくらい、喜入は私の故郷に似ていました。
二日間という短い時間ではありましたが、 現地を拝見して、映画の撮影は“おまつり”だと思いました。
関わるすべての方のよい思い出になりますように、 喜入の“楽しかった出来事”として
町の歴史に刻まれますようにと願いながら、帰ってまいりました。
撮影は8月で終わりますが、来年の公開までこぎつけるまでが大変だということでした。
さまざまな形でご協力いただければ幸いです。
◎映画「ゆずの葉ゆれて」ホームページ
posted by roku at 18:30| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

「空にさく戦争の花火」

9784905530442-B-1-L[1].jpg「空にさく戦争の花火」作・高橋秀雄 絵・森田拳次(今人舎)
この絵本を初めて手にしたとき、
不謹慎にも「美しい」と思ってしまいました。
タイトルも、絵も、です。
夏の夜空を思わせる黒地に花火色で
「ひゅ〜」っと入った、シンプルな絵。
凛とした書体で、「空」と「花火」に
アクセントをつけただけのシンプルなタイトル。
「戦争の」の部分がなければ、シンプルに、
夜空に咲く花火をモチーフにした楽しく美しい絵本だと思ったことでしょう。
もちろん、ちがいます。帯にはこうありました。
「悲惨な戦争の記憶が遠のくいま、子どもたちの五感にうったえる作品をつくりたい」
そんな思いから生まれた、戦争を語り継ぐための絵本シリーズです。
テーマは「おと・におい・ひかり」。と。
「五感にうったえる」という考え方に、胸を突かれました。
たくさんの言葉を書き連ねられるよりも、実感を伴った方が鮮明に残ります。
まして、幼い子どもたちであればなおさらです。
花火は、夏の楽しい思い出として扱われることの方が多いアイテムです。
しかしそれを楽しめないどころか、嫌いだったり、怖がったりする人もいる。
それも、年齢を重ねた大人が。主人公シンゴの独白が胸に迫ります。
もし、戦争になんかいかなかったら………。戦争なんかなかったら…………。
春造さんも花火が見られたんだ。
身近な「もの」や「こと」を通して描かれるほど、むごさや悲惨さは際立ち、
読む人の心に突き刺さるのだと学びました。
「弾がなぁ、横に長く見えたら助かる。丸く見えたら念仏を唱えるしかねえなんて、
 オレらいってたんだよな」
春造さんとともに艦砲射撃を受けたコウシロウさんの言葉のリアルさにぞっとしました。
戦後70年の節目の年、子どもたちに戦争を伝えるのにふさわしい一冊だと思いました。
posted by roku at 11:45| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする