2017年07月30日

「あぐり☆サイエンスクラブ 夏 夏合宿が待っている!」堀米薫作

DSC_0456.JPG堀米薫さんの新作『あぐり☆サイエンスクラブ 夏 夏合宿が待っている!」
(黒須高嶺絵/新日本出版社)、やっと読ませていただきました。
この本が届いたとき、実はハッとしました。
「春」を読ませていただいたとき、次は「秋」だろうと、
勝手に思い込んでいたからです。
そうでした、米作りは春の「田植え」と秋の「稲刈り」だけではないのです。
夏の間も稲は育っているのです。
そして、いちばん大事なこの時期こそ、人の手がたくさんかかっていることを、
実家が米を作っているにもかかわらず、恥ずかしながらすっかり忘れておりました。
今回の「夏」編では、私も学たち「あぐり☆サイエンスクラブ」のメンバーと一緒に、
夏の間、農家が何をしているのかを、改めて学ばせていただきました。
「春」編のときも感じましたが、自分があたりまえのように見ていた農作業のひとつひとつが丁寧に、
そして的確に描写されていたことに、胸を打たれました。
青田風、青田波、田の草取り、田押し車、どれも私にとっては馴染みの、懐かしいものばかりでしたが、
そのひとつひとつに、意味と歴史があることを知ることができました。
おくずかけやはんごろしなど、今回も宮城県ならではの「食」も登場して、うれしくなりました。
「秋」編はもちろんですが、稲刈りが終わった後の「冬」編も楽しみです!
posted by roku at 13:55| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: