2017年07月02日

映画「ゆずの葉ゆれて」ダブル受賞のお知らせ

試写状‗裏.jpg「ぼくとあいつのラストラン」(スカイエマ絵/ポプラ社)が原作の
映画「ゆずの葉ゆれて」について、うれしいことがございました!
先月、モスクワで開催されたモスクワ国際映画祭に、
コンペ部門とは別のロシア連邦文化省枠で特別招待を受け、
素敵な賞をいただいたのです。
この映画祭には神園監督はじめ三角プロデューサー、
武役を演じた山時聡真くんらが参加いたしました。
上映は6月28日、ロシア記者クラブ会館で行われたということです。
その結果、ロシア文化省国際文化科学財団より、
日露文化交流に貢献したとの評価をいただき、
作品には「特別賞」が、また、武役の山時聡真君には「優秀演技賞」がそれぞれ贈られました。
さらに6月30日には、ロシア連邦文化省からも、作品に対して「ディプロマ賞(特別賞)」、
武役の山時聡真君の演技に対して「優秀演技賞」が贈られたとのこです。
言葉も文化も違う国で、映画を評価していただけたのがうれしいです。
さらに、原作「ぼくとあいつのラストラン」で主役として描いた武役の山時聡真君の演技が評価され、
大きな賞をいただけたこともとっても嬉しいです。
2015年の夏、撮影現場の見学に行ったとき、その姿を目にした瞬間「あ、タケだ!」と思いました。
台本に書いてもらったサインは、宝ものです(*^。^*)
原作者としては、「ゆずの葉ゆれて」と「ぼくとあいつのラストラン」が仲良く並んで、
どこまでも、いつまでも、走り続けてくれることを祈るばかりです。
映画の上映会のご希望がございましたら、お声がけくださいませ<(_ _)> 
posted by roku at 09:36| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: