2016年06月15日

映画「ゆずの葉ゆれて」

978-4-591-11275-5[1].jpg8月20日(土)の全国順次上映開始に向けて、
映画「ゆずの葉ゆれて」の動きが
いよいよあわただしくなってまいりました。
少しでもお役に立てればと、
私も慣れない広報活動に汗を流しております(笑)
『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)
第20回 椋鳩十児童文学賞を受賞してからまる6年。
こんな日々が待っていようとは思いもしませんでした。
本映画の三角プロデューサーとの出会いはまさに、椋賞のパーティーでした。
「映画化したい」と直接声をかけていただきましたが、もちろん半信半疑でした。
出版社の方も「そういうお話は山ほどあっても、実現したためしはありません」とおっしゃってたし。
冷静にならねばっ!と気を引き締めたのを覚えています。
三角さんは本気で「椋賞受賞作の中から鹿児島を舞台に作品を撮りたい」と思っていらしたのだと、
あとから知りました。本当に申し訳ないことをしたと反省しております。
「ゆずの葉ゆれて」は、原作の世界観はそのままに、子どもだけでなく、あらゆる年代に届くように
仕上げていただいております。ぜひ、ご覧いただければ幸いです。
上映地・上映館につきましては、決まり次第、順次ご紹介させていただきます(*^。^*)
映画「ゆずの葉ゆれて」公式ホームページ
posted by roku at 20:19| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。福田徳子と申します。お名前はかながねから存じ上げていましたが、お会いしたことはないと思います(一応季節風会員です)今日は、ヤフーからたどり着きました。映画「ゆずの葉ゆれて」のこと、映画の舞台が喜入との由、ひじょうに嬉しくワクワクしました。私は指宿市出身ですが、喜入には知人もおり必ずや指宿に帰るときは喜入を通ります。上映がとっても楽しみです。ちなみに学生時代、椋鳩十先生の児童文学の講座を受けていました。今から考えるともっと勉強しとけばよかったなあ・・・と。今後ともよろしくお願いいたします。
上映、本当におめでとうございます。
Posted by 菜の花 at 2016年06月20日 23:45
☆福田徳子さま
コメント、ありがとうございます。同じ季節風会員なのですね、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)> 指宿、昨年11月にあった鹿児島市内の小学校での講演の際、行ってまいりました! どうしても砂風呂に入りたくて。とってもよいところでした。ソーメン流しも行ってまいりました。ほかにはない施設ですよねえ。学生時代、椋鳩十先生直々の講座を受講なさったのですか。うらやましい! 私は「自然の中で」という作品が大好きです。映画、どうぞよろしくお願いいたします。また、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by roku at 2016年06月22日 08:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: