2015年07月18日

「うばかわ姫」

51-NtfEuipL[1].jpg>越水利江子先生の最新作
「うばかわ姫」(白泉社)をようやく入手!
表紙が出たばかりの頃から、
楽しみに、楽しみにしておりました。
実は7月10日に発売になっていたのですが、
なぜか地元の書店には入らず
(基本的に、本はお世話になっている
地元の本屋さんで買うことにしております)、
やむなくネットで注文するも、なぜか違うコンビニに配送されるという手違いがあり、
ようやっと手に入れた一冊でした。ありがたい!
現在、読むのは9割方児童書ですので、ひさびさの大人の文学でした。しかも、時代物!
楽しめるだろうかと、おそるおそる読み始めましたが、気がついたら一気読みでした。
「うばかわ姫」の「うばかわ」が、「姥皮」であることがわかったところから、
ぐいぐい引きずり込まれました。そう、まさに、引きずり込まれるという感覚。
時代物の姿をしたファンタジー、哲学を内包したふしぎ≠フ物語。
「新感覚時代小説」という紹介文がありましたが、まさにその通り!
最終盤の、「人の生とは、幸も不幸も、自然の生の中にあるのだ」という一文が胸に沁みました。
さらに、個人的には、昔劇団にいた頃に覚えた閑吟集の
「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂え」の引用に心が震えました。
この謡、大好きで、冒頭の「世の中は ちろりに過ぐる」を読むと今でもぞくぞくします。
懸命に生きねば、と、思わせてくれる作品でした。
posted by roku at 19:39| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: