2016年04月26日

第3回 童話塾in東北!

160423第3回童話塾in東北チラシ/修正版/JPEG.jpg
7月17日(日)、日本児童文芸家協会主催の「第3回 童話塾in東北」が開催されます!
記録的な大雪だった1回目、記録的な暑さだった2回目を経ての、3回目です。
今回の童話塾は、「書く」がテーマとなっております。
目玉は、「やぶ坂に吹く風」や「地をはう風のように」といったご著書のある高橋秀雄先生のご講演!
私も、自作に込めた思いなどをお話させていただきます。
第2部では、日本児童文芸家協会会員の作家を中心に、グループに分かれ、
参加者の作品について意見交換を行います。
東北にお住まいで、童話に興味をおもちのみなさま、ぜひぜひご参加くださいませ。
posted by roku at 18:23| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

主題歌が発表されました

978-4-591-11275-5[1].jpg熊本のみなさま、九州のみなさまに
心よりお見舞い申し上げます。
迷いましたが、お世話になった方々の
ご無事がわかりましたので、
投稿させていただきます。
本日発売のデイリースポーツに、
『ぼくとあいつのラストラン』(ポプラ社)が原作の
映画「ゆずの葉ゆれて」の主題歌の情報が掲載されました。
元ちとせさんが歌ってくださいます。タイトルは「君の名前を呼ぶ」。
今回の映画には、“鹿児島市椋鳩十児童文学賞記念映画≠ニいう冠がついております。
そのため、撮影は全て鹿児島市の喜入町を中心に行われました。
元ちとせさんは、鹿児島県奄美大島のご出身で現在も住んでいらっしゃるというご縁で、
主題を引き受けてくださったとうかがっております。
初めて聴かせていただいたとき(それはまだ試写を拝見するだいぶ前のことでしたが)、
不覚にも涙をこぼしてまいました。 初めてお目にかかった方々の前で。ありえない!と心で叫びつつ。
映画は児童文学として誕生した原作を、さらに広い年代の方々にも伝わるように
豊かに肉づけしてくださいましたが、
主題歌は逆に、原作の芯をとらえてくださっているように感じました。
世界観を小さなシーンに凝縮する、これを詩として、メロディーにのせて伝えるのが歌で、
文章として整えて伝えるのがコピーなんだなぁとも感じました。
元ちとせさんの「君の名前を呼ぶ」、胸に沁みるやさしい歌です。
そして、喜入の風景を思い起こさせる、美しい歌です。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by roku at 10:00| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

花の余韻

IMG_2982.JPG

「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」在原業平 
この時期になると、ほんとうにそう思います。とにかく、桜が気になって、気になって(笑)
今日も、本来であればパソコンの前でウンウン唸ってなきゃならなかったのですが……負けちゃいました。
昼過ぎ、たまらず自転車に飛び乗って、シャーッと行ってまいりました。
晩翠草堂→西公園→評定河原→良覚院公園→東北大片平キャンパスという超高速お花見ツアーです。
いずれの桜も、うららかな春のひざしのもと、ほがらかに咲いておりました。
うむ、重畳、重畳(←なぜかお殿様目線です(笑))。
「今年もよく咲きましたね」「がんばりましたね」「とってもきれいだよ」
一人で桜をみるときは、けっこう話しかけます(もちろん、心の中で、です)
花を見ているときの無条件でわくわくする感じも好きですが、帰り道の心がシンとする感じも好きです。
高揚のあとに漂う、うっすらとした寂しさ。
……今、まさに、花の余韻にひたっております(*^。^*)
posted by roku at 19:38| Comment(2) | お散歩ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

「万智子とはがまるくんの芳賀町探検記」漆原智良

100450224[1].jpg児童文学作家にして教育評論家の
漆原智良先生の絵本、
「万智子とはがまるくんの芳賀町探検記
―かぐわしき黄金の大地を行く」を拝読しました。
夏休み、東京に住む6年生の芳賀万智子が、
芳賀町に住むおじいちゃんの家に
遊びにやってきたところから物語ははじまります。
万智子には目的がありました。自由研究で「おじいちゃんが住む町」を調べることにしたのです。
おじいちゃんは「じいちゃんも協力すっぺ」と、資料をもらいに町役場に寄ってくれます。
そこで出会ったのが、町のキャラクター「はがまるくん」でした。
このはがまるくんには、秘密があって……。
次々に紹介される芳賀町の魅力に、万智子と一緒に出会うことができる点、
さらに町のキャラクターが自然なかたちで絵本の登場人物になっている点に心ひかれました。
こんな風に絵本に丁寧に描かれて、芳賀町の人たちはどんなにうれしいことだろうと思いました。
また、文章の端々から、漆原先生の芳賀町に対する熱い愛情が伝わってまいりました。
個人的には、故郷茨城の方言と芳賀町の方言が似ているのがうれしくて、
おじいちゃんの声を、わが父の声に変換して読ませていただきました。
絵も、大らかでとっても素敵! 特に表紙の絵が魅力的でした。
町の魅力を絵本で伝える、とっても素敵な作品だと思いました。いつか、芳賀町に行ってみたいです!
posted by roku at 16:42| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする