2014年01月19日

HAPPY HOUR♪

1月17日(金)、地元のラジオ局「エフエムたいはく」の
「HAPPY HOUR」に無事出演してまいりました。
パーソナリティーは、声優にしてSENDAI座プロジェクト代表の樋渡宏嗣さん。
ラジオ番組の構成を何年かやっていたことはありましたが、
自分が出演する側になったことはほとんどありません。
おまけに今回は2月8日(金)に迫った『童話塾in仙台』の告知がメインですから、
失敗は許されず! めちゃくちゃ緊張いたしました(T_T)
緊張しすぎて、お約束の1時間前にラジオ局の前に着いてしまい、
さりとて周辺に時間をつぶせるようなお店もなく……ってことで、
夕やみ迫る長町を都合30分ほどウロウロしたあげく、
あまりの寒さに我慢できず30分前にうかがってしまいました。
ご迷惑だとは思ったのですが、待たせていただくこと30分、樋渡さんが到着し、
ごあいさつとちょっとの打ち合わせで収録、となりました。
この手際の良さ、さすがプロ!と感心いたしました。
約30分の番組のうち、前半は私と私の本のお話、
後半は『童話塾in仙台』のお話をさせていただきました。
通常であれば“とんぴくりん”全開でいきたいところですが、何せ今回は告知メイン! 
成功していたかどうかはわかりませんが、
精一杯の“おすましキャラ”でお話しさせていただきました(笑)
そりゃもう、「このヒト、ぜったいメガネかけてるよね」って感じで。
昭和のアニメのPTA会長みたいな感じで。
その夜の22:30から一緒に放送を聴いた家人の感想は、
スカしてるー!」「何気取ってんの!」でした。しょぼぼん
ワタクシ、自分の汗で滑って転ぶタイプです、はい。
うれしかったのは、樋渡さんたちSENDAI座のみなさまが
昨年『鳴子温泉郷物語〜タルタロスの足湯』というお芝居を
上演なさったということで、鳴子の話題で盛り上がれたこと。
(そのポスターを小野寺純一さんが描かれたご縁で、今回の番組出演となりました)
樋渡さんが鳴子から帰って、自分の家のお風呂に入った時、
「これはお湯ではなく、ただ水を沸かしただけのものだ」と感じたというお話に、
激しく共感いたしました。
悔やまれるのは、樋渡さんのお名前が「ひわたりさん」なのか「ひわたしさん」なのか
うかがいそびれて、とうとうお名前を呼びかけることができなかったこと。
“おすましキャラ”の水面下ではずーーーーーーーっと、
「ひわたりさん? ひわたしさん? どっちーっ!?」
という声が渦巻いていたのでございました。
聞くは一時の恥、聞かざるは一生の恥っ! とほっ
……ってなことを書いたあとでは、信憑性が薄らぎますが、
それでも、伝えるべきことはもれなく伝えることができたかと思いますです。はい
樋渡(ひわたり)さま、本当におせわになりました。
posted by roku at 16:53| Comment(0) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

どんと祭♪

いつもお世話になっている
「かまぼこの鐘崎」さまのご縁で、
大崎八幡宮の「どんと祭」に
参加させていただきました。
大学時代から慣れ親しんだこのお祭りに、
参加する日が来ようとは。
……感無量でございました。
と言っても、さすがにこの歳で
「裸参り」はできず、撮影係でした(笑)
市中心部のお店から、大崎八幡宮まで、
行列は高張提灯を先頭に、羽織袴の役員と、
奉納品をのせた三方を携えた社員、
さらに白鉢巻に白さらしを巻き、
腰にしめ縄、白足袋にわらじ履き、
口に含み紙、右手に鐘、左手に提灯といった装束の社員が続きます。
カランカラン、カランカランと鳴る鐘の音に包まれていると、
なにやら厳かな気持になってくるから不思議です。
(昔はこの裸参りのカランカランが、夜通し聞こえたのだとか)
高張提灯にはそれぞれ屋号やら社名やらが書かれてあるため
行列が通りかかるたびに、沿道で見送る市民は、
「あ、鐘崎だ!」とか「次は〇〇銀行だ!」と湧き立ちます。
中には「がんばれ!」と声をかけてくださる方も。
企業にとっては社員同士の連帯感を強化し、さらに地域に貢献する、
また地域にとっては地元企業を再認識する、いい行事だなぁと思いました。
お店から大崎八幡宮まで約1時間、歩けるかどうか心配でしたが、
人間、使命を帯びると頑張れるもののようで、
何とか無事往復することができました。
それどころか、少しでもいいアングルで写真を撮ろうと、
最後の石段なんか、駆け上ってしまいました。エッヘン
裸参りの後の「直会」というものにも参加させていただき、
「どんと祭」を余すところなく堪能させていただきました。
……今ですか? もちろん全身筋肉痛です(T_T)
posted by roku at 08:13| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

仙台初売り♪

1月2日は、「仙台初売り」の
お手伝いをさせていただきました。
ただの「初売り」ではありません(笑)。
「仙台」がつくところがポイントです。
何が違うのかと申しますと、
景品が違います。
他の地域よりも豪華です。
これは仙台が藩政時代から続く商習慣を継承する特区となっているためだそうで、
この景品を楽しみにお客様は早朝から並びます。
実はワタクシ、仙台暮らしは長いのですが、
この「仙台初売り」をちゃんと見たことがありませんでした。
1月2日はいつも茨城の実家に帰ってしまっていたためです。
というわけで、「仙台初売り」初体験!
早朝5時に家を出て、 雪(!)の中を地下鉄の始発を待って事務所に出て、
7時前に一番町にある笹かまぼこ屋さんへ!
驚いたのは、まだ暗いアーケード街にたくさん行列ができていたこと。
人気店の前に行列が……というのは全国各地で見られる風景だと思いますが、
アーケード街のほとんどの店に早朝から行列ができているのは初めて見ました(+_+)
通りが人で埋まっている状態!  聞きしに勝る活気にワクワクいたしました。
初売りは、行列に並んでくださったお客様への お振る舞いからはじまりました。
メニューは、熱々の甘酒にほかほかの笹かまぼこです。
これがお茶屋さんになるとお茶、お味噌屋さんは豚汁や味噌田楽になるという趣向。
さらに店頭で太鼓の演奏があったりして、 並んでいるお客様を飽きさせません。
で、並んでくださったお客様のお目当てはというと、
福袋と割増商品券、そして縁起物の景品です。
福袋は納得ですが、正直なところ今回初売りを体験するまで、
お茶屋さんや眼鏡屋さんに割増商品券を求めて並ぶ気持ちがわかりませんでした。
生粋の仙台っ子であるpon画伯にその意義を問うたところ、
「買うと決まっているものなら、商品券を買っておいた方がお得でしょ」とのこと。
……なるほど、です。で、ひとつ気づいたことがあります。
仙台の方は、「ひいきの店」意識が高いのではないかということです。
商品券を買うということは、「この店で買う」と決めることですから。
年の初めにどんと商品券を買ってしまう仙台っ子の思い切りのよさは、
優柔不断な私から見るとうらやましい限り!
「仙台初売り」は、仙台商人の心意気と仙台っ子の気質が垣間見える、
おもしろい商習慣だと思いました。

で、終わればめでたし、めでたしですが、ここで終わらないのが“とんぴくりん”!
お手伝いを終えて、さあ帰ろう!と思ったところで
ワタクシ、階段から落ちてしまいました。
最後の1段を踏み外し、どーんと横倒しに(T_T)
痛くてすぐには起き上がれず、横たわったまま数分間。
「正月早々、何やってんだろ」と、一人笑ってしまいました。
この出来事、 「今年は、違う角度から物事を見るように」という
メッセージとして受け止めさせていただきました(*^。^*)
posted by roku at 17:56| Comment(0) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

年末年始のこと♪

私の年末・年始は、何やらいつも以上にバタついておりました。
27日(金)プリンター・トラブルに見舞われつつ、昼からパートに出勤。
28日(土)新しいプリンターの到着を待ちながら片づけ。そして小さな忘年会。
29日(日)プリンターの設定&年賀状制作。
30日(月)仕事場のお掃除。
     ……のち、PON画伯と「今年も一年お世話になりました」のお茶。
31日(火)忙中閑有。ぽかんと空いた時間に、「るーぷる仙台」に乗車(笑)
     ひさしぶりに街を歩いて、読みたかった本とカレンダーを購入しました。
元旦(水)家人の実家へ年始のあいさつ。
     帰宅後、年末にできなかった自宅の大掃除をいたしました(T_T)
2日(木)お世話になっている鐘崎さまの初売りのお手伝いで、朝4時起き!
     一番町で、おでんと笹かまぼこを売りました(笑)
3日(金)7時10分仙台発の高速バスで茨城へ。
4日(土)成り行きで父と成田山新勝寺へ初詣の日帰りバス旅行へ。
     またまた朝4時起き(笑)
5日(日)ハウスキーピング&ご年始まわり。夜、帰仙。
     家人が迎えに来てくれました。家人は往復6時間、実家滞在3時間也!
6日(月)仕事はじめ。pon画伯と「今年も一年よろしくお願いします」ランチ(笑)
……で、今日からは日常モード! 
コピーライター&児童文学作家&パートタイマーの日々がはじまりました。
ほんの10日あまりのことですが、書き出しただけで疲れました(笑)
初売り、成田山詣でのお話は、また後日(*^_^*)
posted by roku at 18:03| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

謹賀新年

新年、あけましておめでとうございます!
すっかり出遅れましたが、
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
児童文学作家とコピーライター、
今年は、2足のわらじをもっと上手に履きこなし、
遠く、高く、まだ見ぬ地平をめざし、
ぐいぐい歩んでまいります。
1冊でも多くの本と、1本でも多くのコピーを、
みなさまの心にお届けできるよう精進してまいりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

posted by roku at 11:45| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする