2013年08月23日

海のむこう

すてきな絵本が届きました!
土山優さんの『海のむこう』(新日本出版社)です。
わたしの家は がけのうえ。
まどからは 海がみえる。
という文章からはじまるこの絵本には、
北海道のコタン浜に暮らす女の子の、
ひと冬が描かれています。
北海道といわれてまず頭に浮かぶのは、テレビで刷り込まれた「緑の大地」の映像。
それから「北の国から」や「鉄道員」といった映画で垣間見た、極寒のイメージ。
この絵本を読むまで、しみじみとした「冬の暮らし」のイメージは、
ほとんどなかったことに気づかされました。
大事件は起こりません。ただただ、海辺の集落に冬が来てまた去っていく様子が、
女の子の目を通して描かれています。――それがいいんです。
北海道の冬、海辺の集落、そこに住む家族の暮らしは、どれもとっても新鮮でした。
絵本ならではの短い文章ですが、ひとつひとつのシーンについて、考えつくされ、
凝縮されているのだと、随所で感じました。
たとえば、吹雪の時、飼い犬のクマを家に入れてやるその描写ひとつから、
この子の家族の温かさが伝わってまいりました。
私は山育ちですので、海の向こうからだんだん冬の気配が近づいてくる感じや、
ガラスに氷の花が咲く様子、春を予感させる海のいなずまにワクワクしました。
好きだったのは、春を感じるシーン。視点の細やかさに、ハッとさせられました。
それからもちろん、タイトルにかかわるシーンにも。
子どもはいつも、「ここではないどこか」を夢見るものなのだと感じました。
私の場合は、海のむこうではなく、山のむこうでしたが(*^。^*)
しみじみといい絵本でした。
書き手にとっても、大切なものがいっぱいつまった絵本でした。
手元に置いて、折に触れて開くことになる予感がいたします。
posted by roku at 16:34| Comment(4) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

なごみの花壇♪

昨年11月から、
火・水・木曜日の午前中3時間だけ、
アルバイトをさせていただいております(*^。^*)
かねてより憧れだった、
OLさん気分を満喫しております。
これまでのキャリアが、
病院(理学療法士助手)→
プロダクション→
フリーランサーで、
オフィスビルに入っているような
ちゃんとした会社は初めて。
せっかくなので、服もできる限り
それっぽい服装で出勤しています。
といっても、ビシッとした服を
持っているわけではないので、
どこか仮装気分です(笑)  
なんちゃってOLさんです。
お仕事はもちろん楽しいのですが、
もっと気に入っているのは、そのオフィスビル!
敷地に花壇があって、
それがなかなか洒落ているんです。
ハーブを中心にバラ、白いアジサイ、ブラックベリーなんかもあって、
ちょっとイングリッシュ・ガーデン風!
いつも「気がきいてるなぁ」と思いながら眺めています。
もちろん、ハーブは通りかかるたびに嗅いでおります(笑)
さらにこのビル、環境関係のプランナーがちゃんとついていらっしゃるのか、
エレベーターホールのお花も素敵なんです。
1〜2週間ごとに活けかえられるここのお花は、
生花というだけでも珍しいと思うのですが、
選ばれる花材がまた個性的で、今はたわわに実ったブラックベリーに、
小さなパイナップルが入った夏の果樹園風に仕上がっております。
これまた通りかかるたびに、ブラックベリーを触ってみて、
熟れ具合を確かめております(*^。^*)
写真は、今、花壇に咲いてるお花たちです。なごみます〜

posted by roku at 17:32| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

鐘崎ぷっくら夏まつり!

「暑い」「暑い」と言っているうちに、
七夕も終わり、お盆もおわり……。
気がつけば週末!
日曜日は、お世話になっている
「かまぼこの鐘崎」さまの、
「鐘崎ぷっくら夏まつり」でございます(+_+)
ランチ付きのセミナーやら、ちびっこ広場やら、
しみじみと楽しめる出し物が盛りだくさん!
夏休みの一日を、のんびりゆったり、
かまぼこ屋さんで過ごしてみませんか?
18日(日)、お近くの方はぜひ!
ワタクシ、セミナーと縁日をお手伝いさせていただきます(*^。^*)
posted by roku at 18:22| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

鐘崎ぷっくら夏まつり

さあ、八月に入りました! 
東北はここからが、夏本番!
一日の盛岡「さんさ踊り」から始まって、
二日(今日ですね)からは
福島「わらじ祭り」、 青森の「ねぶた祭り」、
三日からは秋田「竿灯まつり」、
五日からは山形「花笠まつり」、
そして六日からは「仙台七夕まつり」と、大きなお祭りが続きます。
このように、大きなお祭りとお盆が一段落したあと、
8月18日(日)にしみじみと開催されるのが、
『鐘崎 ぷっくら夏祭り』でございます(笑)
毎回大好評の「ぷっくらセミナー」や「王様を探そう!」、
pon画伯、きのこ先生がご登場なさる「ちびっこ広場」もございます。
夏休みの思い出づくりに、
お近くの方はぜひ、足をお運びくださいませ\(^o^)/
posted by roku at 10:26| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする