2013年01月15日

どんと祭♪

昨日は、大崎八幡宮の「どんと祭」。
「どんと祭」と言えば
「裸参り」というわけで、
pon画伯とともに
“かまぼこの鐘崎”さんの
出発式を見に行ってまいりました。
ここ数年、これを拝見するのが恒例となっております。
実は、私たちのような方はけっこういらっしゃるようで、
カメラを構えて隊列の支度が整うのを待っている間、
「毎年来てるんだよ」と話しかけてくださる方が
けっこういらっしゃいました。
伝統的な装束に身を包んだスタッフがお店の前に整列し、
勇壮な太鼓に送られて出発するのが、
このセレモニーの見どころ。
降りしきる雪の中、おごそかに歩みだす隊列、
それを拍手で送りだすみなさん。
歴史ある街らしい、いい風景だなぁと思いました。
posted by roku at 18:48| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

コクリコ坂から

夕べはテレビで「コクリコ坂から」を鑑賞いたしました。
同世代のお話だとばかり思い込んでいたのですが、
生まれる前のお話でした(笑)
それでもところどころに共通するところがあって、ほっこり。
ひとつは、校舎のたたずまいです。
私の通っていた高校は旧制中学が起源の地方のナンバースクール。
元男子校で、1クラスに女子が一割程度という構成でした。
校訓は「誠実勤勉」「剛健質実」「規律礼儀」
「自治独立」「和衷協同」。
私が入学した頃はまだ車止めのある石造りの古い校舎で、
講堂やら武道場やらがいろいろある入り組んだ造りでしたので、
よく迷子になりました(T_T)
ふたつめは、「風間さん」という名前。
私にとっては、大切な大切な名前です。
なぜなら、私の高校時代の2/3は「風間さん」とともにあったのですから。
完璧な片思いでしたが、おかげで楽しく過ごすことができました。
バレー部に入部したのも、風間さんのおかげ。
入学式の当日に「あ、カッコいい人がいる!」と着いて行ったら、
男子バレー部が練習をしていたという……。即、入部しました(笑)
部活をしようなどとは、これっぽっちも思っていなかったのに。
猪突猛進、あれこれやらかしましたが、それはまた別の機会に(*^。^*)
みっつめは、「カルチェラタン」という名称。
思い出の「カルチェラタン」は、寮ではなく喫茶店でした。
私自身が行っていたというのではなく、
大人びた素敵な先輩たちが行っていたお店だったのです
(喫茶店に入ることは特に禁止されていなかったと記憶しています。
 私服だったので利用しやすかったのかも)。
「カルチェラタン」「休みの国」「壱番館」……。
憧れの喫茶店はいろいろありました。
そこで何をするでもなく、ただおしゃべりをして、
ピザトースト(!)を食べるのが何より楽しかった高校時代でした。
ストーリーとは違う部分で、「コクリコ坂から」、
楽しませていただきました(^_^)
……今「コクリコ」って雛罌粟(ポピー)だったことに気づきました。
おそっ!

posted by roku at 09:26| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

健さんと年越し♪

2013年が明けてから、すで11日が過ぎてしまいました。
今年の年明けにあったことなどを、書きとめておきたいと存じます。
今年は喪中なのでいつもと違う年越しをと、紅白をチラ見しつつ、
BSでやっていた高倉健主演映画を観て過ごしました。
「幸せの黄色いハンカチ」からはじまって
「駅〜station」「居酒屋兆治」辺りで年が変わり、
「野性の証明」と観たところで、気付いたら午前4時過ぎ(*_*)
こんなに立て続けに映画を観たのははじめてです。
ディティールに時代が反映されていて、新鮮でした。
特に「駅」! 
円谷幸吉の遺書がモチーフに使われていて、涙、涙。
... 残念だったのは、「幸せの黄色いハンカチ」。
内容が残念だったというのではありません。
クライマックス、はためくハンカチを見つけた桃井かおりが、
「ほら、あれを見て!」と健さんに呼び掛けたところで、
画面がぷっと変わり、なぜか「吉田類の酒場放浪記」にっ!
家人の仕業でした。2番組同時に録画予約していたため、
自動的にチャンネルが変わってしまったのです。
「うがぁっ!」とあわてて録画を停止し、
映画に戻った時にはすでに、桃井かおりと武田鉄也のキスシーン!
健さんも倍賞千恵子も二度と映らず……(T_T)
結局、健さんがどうやって家に帰ったのかは謎のままに(-"-)
言ってみれば、2時間をどぶに捨てたようなものです。
これ以上のストレスはありません。
「酒場放浪記なんて録ってる場合じゃないでしょう?」と、
険悪な雰囲気になったことは言うまでもありません。
とんぴくりんなワタクシらしい、何ともトホホな年明けでした。
posted by roku at 10:56| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

寒中お見舞い

おそくなりましたが、
寒中お見舞い申し上げます。
旧年中はたいへんお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
今年は2日に帰省し、父と2人で過ごし、
昨日仙台に戻ってまいりました。
相変わらずの“とんぴくりん”ですが、
選んだ道をてくてく歩んでまいります。
目標は毎年同じです。
いい作品を書いて、
みなさまにお届けできるようがんばります。
写真は年末にいただいた「福餅」と、
護国神社の恵比寿さまです。
いいことがたくさんありますように(*^。^*)
posted by roku at 09:44| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする