2012年01月31日

ふるさとの道

実家に帰った時、思い立って同級生が住んでいたS集落まで車を走らせました。
小学校から約5キロ。途中、集落が一つあるだけで、あとはほぼ山道。
杉山の中を抜けなければならない暗い道もありました。
風景は、たぶん私が小学生だった頃とほとんどかわっていません。
この道を小学生たちが歩いて通っていたのかと思うと、しみじみいたしました。
そういえば、S集落の子どもたちはみな足が速くて、
いつもリレーの選手に選ばれておりましたっけ。
ひとつのお店も、自動販売機さえないあの山の道を、
通っていた子どもたちのお話を、いつか書きたいと思いました。
posted by roku at 20:12| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

乙女新年会^m^

ゆうべはpon画伯のアトリエで、
小さなお食事会でした。
タイトルは……「乙女新年会」ぷぷっ(^−^)
妙齢の乙女が6人集まっての、
新年会でございました。
それぞれ「一品持ち寄り」としたため、
お料理が超ゴージャスでございました。
・蒸し野菜の盛り合わせ ・具だくさんグラタン ・五目ごはん
・クレソンのサラダ ・グリッシーニの生ハム巻 ・茄子の漬物
・フルーツのチョコレートフォンデュ ・卵焼き ・あごだし卵焼き 
・明太子コロッケ ・地鶏の炭焼き柚子胡椒風味 ・まぐろのお刺身 
・蒸し豚の塩麹風味 ・お好み揚げ ・豆腐の味噌漬け ・デコポンゼリー
・フルーツ盛り合わせ ・アフォガード風デザート ・ドライフルーツ
・飲み物(スパークリングワイン、柚子酒・パイナップルジュース)
書いているだけで、おなかいっぱいです。
しゃべって、食べて、飲んで、食べて、食べて、しゃべって、食べて、食べて……。
結局、仕事場に帰り着いたのは、午前0時近く!
たまにのことですが、こういうことがあると「また頑張ろう」って気になります。
次回また楽しくおいしく過ごせるように、日々がんばります\(^o^)/
※写真は、pon画伯からいただきました。
 
posted by roku at 15:36| Comment(0) | おいしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

仕事場泊

お仕事がたてこんでいる上に、週末、家人の出張が重なったため、
ひさびさに仕事場に泊まることにいたしました。
もともと住居用の1Kだし、ソファベッドもあるので、問題はありません。
問題があるとすれば、布団がないことぐらいでしょうか。
寝袋の上からソファーカバーとダウンコートをかけて寝ました。
あと湯たんぽと(^_^)
ダウンコート、使えます! 考えてみたら、羽毛布団と同じですから。
私のコートは古いタイプで、かなり分厚いので、とっても暖かったです。
朝、コンビニにこのコートを着て買い出しに行ったのですが、
布団をまとって歩いているみたいな、不思議な気持ちになりました。
食事は電磁調理器があるので、簡単なものなら作れます。
夕べは、具だくさんクラムチャウダーとおにぎり。
今朝はその残りと、スクランブルエッグ。
昼は、フレンチトーストとヨーグルトとバナナにしました。
今夜は、pon画伯のところでごちそうになる予定(笑)
ついでにお風呂もごちそうになろうかと……。
今日は一日中みぞれ。夜は雪になりそうなので、冷えないようにしなければ。
夜、もこもこのダウンコートを着て、頬かむりして歩いている人がいたら、
それは私です(*^。^*)
posted by roku at 14:39| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

どんと祭顛末記

先週の土曜日は、大崎八幡宮のどんと祭でした。
予告通り、ワタクシ、pon画伯とともに
“かまぼこの鐘崎”さんの出陣式(?)を見に行ってまいりました。
どーん、どーんという勇ましい太鼓の音を合図に、
どんと祭の装束をまとったみなさんが歩いてゆく姿は凛々しくて、胸が熱くなりました。
「伝統行事とはいいものだなぁ」と思いました。
……さて、問題はそのあとです。
我が家のお正月飾りは、大日如来で焚き上げていただこうと思っていたのですが、
仕事に手間取っているうちに、お焚き上げが終了!
境内に着いた時にはすでに、消火されたあとでした\(◎o◎)/
困った私と家人は、思い切って大崎八幡宮へ向かうことにいたしました。
ところが、です!
駐車場に入る道が大渋滞で、一向に神社に近づけないじゃありませんかっ!
数か所トライしたのですが、すべてダメ。
1時間ほどさまよって、ようやくたどり着いた駐車場では「終了です」と断られ(T_T)
「いっそのこと遠くに停めて、タクシーで神社に向かうか」と思いましたが、
11時過ぎとあっては、それも何やらめんどうくさく……。
結局、持ち帰りました。はい。
こんなことなら、早めに大日如来に持ち込んでおくんだった!と、後悔してもあとの祭り。
不完全燃焼感の残る、今年のどんと祭となりました。とほ
posted by roku at 19:15| Comment(0) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

雪*雪

今朝も、起きたら「雪っ!?」でございました。
気温が低いため、ひとひらひとひらしっかりと雪華文様になっておりました。
寒いのも道理で、明日は1月14日。そう、「どんと祭」なのです。
夕暮れがちかづく頃、街のあちこちから聞こえはじめる鈴の音。
提灯を掲げ、口に和紙を加えて粛々と歩いてゆく、裸参りの行列。
見るだけなら、これほど風情のあるお祭りはありません。
「見るだけなら」と強調したのは、家人が昔、参加したことがあるから。
男性は上半身裸ですから、寒いことこの上なし! 
それだけに、お参り後のお風呂とお酒が沁みるのだとか。
参加してみたい……かも、と思ったこともありましたが、
今はもう、そんな勇気はございません(*^。^*)
明日は、鐘崎さんの出陣式を見せていただくのが精一杯でございます。
我が家と仕事場のお正月飾りは、ご近所の大日如来に持って行く予定。
毎年していたことを、今年もできる喜びを感じています。
今年は、これまで以上に地域の伝統行事に参加しようと思っています。
「どんと祭」の次は、野中神社の豆まきです!
posted by roku at 19:54| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

悪循環を断つ!

とにかく寒いので、仕事場に籠っております。……最高気温1度って(T_T)
あちこちにメールしたり、電話したりしていたので、
自分ではけっこうアクティブに仕事をした気になっておりましたが、
人が見たら、机の前に座りっぱなしにしか見えないことでしょう。
つくづく、ライターってドキュメンタリーになりにくい仕事だなあと思います。
ここ数日で、心に強く残った言葉は、「痛みの悪循環」。
深夜、「ためしてガッテン」の再放送でたまたま目にしたのですが、
「おおっ!」と思いました。
「腰の痛み」がテーマだったのですが、腰痛の中には、
ストレスが関連する腰痛もあるのだとか。
ストレスが脳の鎮痛システムを働きにくくすることによって「痛みの悪循環」をおこし、
激痛を生むことがあるのだそうです。
 痛みが心配(ストレス)→運動不足(ストレス)→周囲に理解されない(ストレス)
 →脳の鎮痛作用が低下→さらに痛い
これ、まさに私が実家の母について考えていたことでした。
母の場合は体全体なのですが、昨年末から「痛みの悪循環」にはまって、
とうとう入院してしまったのです。
検査の結果は、血液も骨も異常なし! 
この悪循環を「断ち切る」には、自分のすきな食べ物、絵、音楽、においなどを
積極的に生活に取り入れることが大切なのだとか。
すると、ストレスによって機能が落ちてしまった脳が活性化し、鎮痛効果が高まる。
痛みに悩んで寝込んでいるよりも、がんばって自分の好きなことをしてみるのが、
効果的なのだそうです。適度な運動も効果があるといわれているそうです。
母の場合は、まず「動く」こと。退院後どうするかを考えなければなりません。
それにしても、母のような高齢者の場合、この「痛みの悪循環」が寝たきりを招き、
寝たきりが「廃用症候群」を招くのは、火を見るより明らかです。
そう考えると、本当に怖いことです。
私自身、膝が痛くなりかけたので、今、こまめに運動をしているところです。
動かせば動かすほど、鍛えれば鍛えるほど、痛みは消えると信じて。
posted by roku at 21:36| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

整理整頓♪

バタバタ続きで、年末年始の切り替えがうまくできていないような……。
というわけで、昨年の主な動きを整理してみました。

1月「きらきら宝石箱」(ぶんけい)の打ち上げin東京に出席
2月「ミック」のプロモーションで東海村へ
  「ミック」交流会
3月「空色のともだち」(学研)が電子書籍に
  ・11日地震
4月「仙台おさんぽかるた」を避難所へ
  ・都市ガス復旧
  ・7日余震
  ・南日本新聞「作家たちの震災1カ月」寄稿
   以降「〇カ月目の仙台より」を毎月掲載
  ・リビング仙台「ココロのブックス」連載開始
5月・5日「鐘崎ちびっこ広場」「小さな図書室」企画
6月「六月のレストラン」(家の光協会)『ちゃぐりん』に掲載
  ・第21回椋鳩十児童文学賞 東京授賞式に出席
7月・児童文学東北オフ会
8月・広告のお仕事
10月・季節風大会
11月「ぼくとあいつのラストラン」韓国版が届く
  ・25日「第40回小平記念作文」にてミニ講演
12月・3日あさのあつこさん講演会in仙台
  ・友人の出版記念パーティーin東京に出席
  
こうして整理してみると、やはりバタバタしていたことがわかります。
震災前も震災後も、けっこう上京していたことに驚きました。
今年はいったいどんな年になるのやら、楽しみです(*^。^*)     
posted by roku at 20:22| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

七草を過ぎて

バタバタしているうちに、
年明けから1週間が過ぎてしまいました。
六日に母が入院し、しばらくは平日お仕事ガシガシ、
週末は母のもとへというペースになりそうです。
病院までは高速で2時間なので、
実家に帰るより近いのがせめてもの救いです。
常磐線さえ通じていれば、もっと楽なのですが……。
さらに言うなら、常磐道が全線開通していたら……。
しかしそれは、言っても詮なきこと。
常磐線も常磐道も、福島県沿岸部を走っているのですから。
***
さて、というわけで今年の目標を。
今年はシンプルで、「書く」「出す」「形にする」です。
エンジン全開でまいります。もちろん広告の方も全力で。
どうぞよろしくお願いいたします(*^。^*)
posted by roku at 11:37| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

謹賀新年♪

2012年が明けました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
今朝、家人の実家にごあいさつに行く前に、
思い切って蒲生干潟に立ち寄ってみました。
ここは毎年元旦の朝に立ち寄っていた場所です。
日和山に登っておひさまと祠に手を合わせて、
高砂神社にお参りするのが我が家の恒例でした。
ずっと気になっていたのですが、訪ねる勇気もないまま今日になってしまいました。
日和山のあった場所には、『日和山』の看板が立てられていました。
高砂神社のあった場所には、真新しい小さな御社が建てられていました。
そして、たぶん集落の方だと思いますが、誰かがお参りをした形跡がありました。
ちょっとだけ、ほっといたしました。
時間がかかるかもしれませんが、いつか干潟には野鳥や水辺の生物が戻り、
日和山も少しずつ高くなり、社殿も立派になっていくことでしょう。
私が昨年まで見ていたような蒲生干潟や日和山、高砂神社の姿になるまでにも、
たぶんとてつもない時間がかかってきたはずです。
それを考えれば、今はまだ「はじまり」の時。
これからも、ずっと見守ってゆきたいと思いました。
切ないながらも、少しだけ光を感じることができた、蒲生の元旦の風景でした。
posted by roku at 16:45| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする