2011年12月31日

よいお年を!

大みそか、静かな気持ちでお仕事をしております。
一年の終わりの今日、この日を、仕事場で迎えられること。
そして、いつもと変わらずパソコンに向かっていられること。
これが、ちっとも当たり前ではなく、
とてつもなくありがたいことであることを実感しています。
とにかく今年は、いろいろなことを実感した一年でした。
仕事柄、「言葉」を実感することが多かったような気がします。
言葉が実感を伴って迫ってきたと言いましょうか。
これまでドラマでしか聞いたことがなかったような言葉を、
自分が発したり。人にかけられたり。
これまで薄ぼんやりとしたイメージで使っていた言葉が、
急に深みのある言葉として感じられたり。嘘くさく感じられたり。
うれしかったのは、想いを込めて書いたコピーやメッセージが、
ちゃんと誰かの心に届いていることを確認できたこと。
クライアントや商品のその先に、
ひとりひとりのお客様がいることを実感することができました。
広告や物語の存在意義を、今さらながら考えました。
ささかやであっても、できることを精一杯しようと思いました。
***
本年も、お世話になりました。どうか、よいお年を。
posted by roku at 14:09| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

大掃除♪

大掃除、なんとかいたしました。年賀状、何とか出しました。ふぅ〜
遅れたら遅れたでもいいや、と思っていたのですが、
やはり毎年やっていることをやらないと落ち着かないので、
今日は、お仕事はお休みということで(^_^)
仕事場の場合、いちばんの大物は本棚なのですが、
片づけながら「あれ?」と思いました。デジャブを感じたのです。
で、思い出しました。今年は2度、本棚の片づけをしたことを。
……3月と、4月に。4月のときはさすがに嫌になって、
「どうせまた崩れるかも」と、大雑把に棚に放り込んだのでした。
震災を思い出させるものは、流し台の下からも出てまいりました。
飴と、お餅と、インスタントラーメンと、ミネラルウォーター。
賞味期限が怪しいものもありましたが、
いざとうとき(が、ないことを祈りますが)に役に立つかもしれないので、
そのままにいたしました。
さ、明日は気持ちを切り替えてお仕事です\(^o^)/
posted by roku at 17:25| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

福娘♪

今年は、「ふるさと」について
いろいろ考えさせられた一年でした。
風景はもちろん、風習やしきたり、
年中行事、名物、特産品など、
これまであまり気に留めてこなかったことに、
たくさん気づかせていただきました。
年の瀬を迎えた昨日、
そういうものにまた一つ出会いました。
宮城県護国神社の「福娘」です。
数日前、「福娘が“かまぼこの鐘崎一番町店”
に立ち寄るらしい」という情報をいただいた
ワタクシとpon画伯、さっそく出動いたしました。
行ってみて驚いたのは、福娘が一人ではなく、
ご一行様だったこと。
美しい福娘さんたちと、大黒様と恵比寿様、さらに神社の関係者の方々が、
商店街をしずしずと、列をなして歩いていらしたのです。
仙台に長年暮らしてまいりましたが、初めて目にする光景でした。
師走の雑踏との対比が、とても美しく、印象的でございました。
お店の方やお客様、通りすがりの方々までもが一緒に、笑顔で、
福娘一行を迎えているのを見て「いいもんだなぁ」としみじみ思いました。
写真は、昨日出会った福娘さんたち。
それから、おすそわけいただいた「福餅」(甘いお餅でした)です。
来年、いいことがありそうな気がしてまいりました(*^。^*)
posted by roku at 14:34| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

年の瀬♪

今日を含め、あと4日で今年が終わるというのに、
「年末」という意識があまりありません。
これはたぶん、年明け出しのお仕事を抱えているから。
そして、まだそれに手をつけることができないでいるから。
たぶん、大みそかも元旦も、パソコンに向かっていると思います。
さらに言うなら、1月2日は早朝から取材(自主的なものですが)だし。
これ、フリーランサーとしては、本当に、本当にありがたいことです。
ひとつ困ったことがあるとすれば、
世間と自分の時の流れにズレが生じているということ。
仕事の世界にどっぷりつかっていると、
「年賀状」やら「大掃除」やら「年の瀬のごあいさつ」やら「お正月の準備」やら
といった言葉に実感がもてないというか……。
早く言えば「やってないっ!」ってことでございます。はい(T_T)
あと4日でなんとか……なる……か……な?
あ、ご報告が遅れましたが、先日のプレゼンは(T_T)でした。
ざ〜ん〜ね〜んですううううう〜っ!
……ってなこともありつつの年の瀬、がんばりまぁーす\(^o^)/
posted by roku at 09:40| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

雪が舞う

ここのところ、毎日のように雪が舞っております。
舞うぐらいの雪なので、積もるということはないのですが、なにせ寒い!
サッシに面した机に向かっていると、手足がかじかんできます。
なので今朝は、足元に電気ストーブ、腰に湯たんぽ、肩にあずきのホットパック。
もちろん背中にはホッカイロ、さらに靴下、ひざ掛け、マフラーという重装備でおります。
コーヒーや紅茶も、カップではすぐに冷めてしまうので、水筒に(*^。^*)
これでぎりぎりまで頑張って、それでもなお寒くて我慢できなくなったら、
いよいよエアコンを発動する覚悟です。
実は仕事場のエアコン、15年選手なので、ちっともエコじゃないのです。
本気で使ったら、電気が……、電気代が……。
仙台の「冬の節電キャンペーン」に少しでも貢献せねば、ってことで。
あ、飲み物もジンジャーティーにしてみました。体の中からも温める作戦です\(^o^)/
posted by roku at 08:53| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

ひさびさの日曜日

昨日の日曜日は、一日中自宅にこもっておりました。
ずーっと土日は出かけたり、
仕事だったりでバタバタしていたので、
もう、いつ以来か覚えていないほど久々でした。
いつもより早く起きて、
時間をかけてそうじ&洗濯をいたしました。
家の中が片付くのは、気持ちがいいものです(*^。^*)
午後は、書き物をしたり、お昼寝したり、テレビを見たり……。
この、テレビがクセモノでした。つい『報道の日』を見てしまったのです。
3月11日に起こったことを、
時系列で(しかもほぼ同時刻で)見せていくという趣向、
素晴らしいと思いました。
昨日はちょうど、あの日のような寒さでしたので、
画面に流れる出来事がものすごくリアルに感じられました。
「壊滅的」「大津波」「炉心融解」、さまざまなキーワードから、
いろいろなことを思い出しました。初めて知ったことも、たくさんありました。
辛いけれど、見ないではいられない、そんな気持ちでずっと見ていました。
夕飯も、テレビを見つつで、気づいた時には『情熱大陸』! 
ほぼ半日、テレビを見てしまった計算になります。
充実していたような、していなかったような、微妙な日曜日でした(^^ゞ
※写真は、仙台城址で見かけたムラサキシキブです。
posted by roku at 11:45| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

冬きらり♪

本日、杜の都は冬晴れ。そのぶん、空気が冷え切っております。
今夜は、小さな小さなパーティーです。
昨日の夜まで、何の予定もなかったのですが。
別に、気にもしていなかったのですが……(*^。^*)
とりあえず、お好み焼きをいただく会をすることになりました。
ケーキもツリーも、クリスマスらしいものは何もないので、
とりあえず、かまぼこの鐘崎さんの『冬きらり』を購入しました。
真っ赤なクリスマスバージョンの六角形の箱に、
いろいろな味わいのかまぼこが22枚も入っている詰め合わせです。
そしてその箱にどどーんと入っている絵柄はなんと、
pon画伯こと、本郷けい子さんのイラスト!
そして箱全体のデザインは、きのこ先生こと、中鉢武さん!
箱に入っている栞の文章は、ワタクシが書かせていただきました\(^o^)/
もちろん鐘崎さんの商品ですから、かまぼこの味は折り紙つき!
まずは何からいただこうか、今からわくわくしております。
posted by roku at 15:55| Comment(0) | おいしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

嵐の前の静けさ?

先週半ばから週明けまでの怒涛の日々が過ぎ、今、微妙な無風状態に入りました。
今週の出色の出来事は、ひさびさに参加したプレゼンでしょうか。
コピーライターで、企画書を書いたりもするので、まれに自らプレゼンしたりします。
ただ、フリーなので制作会社にいた頃よりは減りましたが……。
忘れられないのは、会社員時代のプレゼン。
自治体関連のパンフレットで、営業さんと企画課の上司と、三人で出向きました。
たしか、事務所の一角の応接セットでのプレゼンだったと思います。
そしてそのプレゼンでは、なぜかお茶が出たのです。
緊張していたワタクシ、やらかしました(T_T)
広げた企画書の上に、お茶をダーッとまかしてしまいました。
主催者側も、わが社側も大慌て。わらわらと立つやら、拭くやら……。
そしてへにょへにょの企画書で、説明を続けたのでした。
結果ですか? これが不思議なもので、通ったのでございます(*^。^*)
今回のプレゼンは、私にとっては大規模なもの。
内心「お茶をまかすぐらいじゃ済まないんじゃないか」とドキドキしていたのですが、
先月の講演で度胸がついたのでしょうか、さほど緊張もしませんでした。
むしろ楽しかったというか……。人に何かを語るのは、けっこう好きみたいです。
勝負は水物、プレゼンも水物。今はただ、通ることを祈るのみです。
posted by roku at 10:34| Comment(0) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

さぶぅ〜

3週間に1度の割合で、実家に帰っています。
母が自宅療養中のため、少しでも手助けになればと帰っております。
することは……家事全般(T_T) つまり、大したことはしていないのです。
今回、帰ってみて驚いたのは、家の中が「外かっ!?」と思うほど寒かったこと。
朝、台所に立ったら、スポンジが凍っておりました(*_*)
そうでした、そうでした。
実家は古い農家の造りなので、冬はめちゃくちゃ寒かったのです。
生卵が凍ったり、ビールが凍ってビンが破裂したり、
シャンプーあと、毛先のしずくが氷の玉になっていたこともありましたっけ。
子どもの頃、「凍って困るものは冷蔵庫へ」が合言葉でした。
寝るときは、顔と頭を寒さから守るため、綿入れ半纏を頭からすっぽりかぶって、
袖の小さな穴から息をしていたものでした。
今回の帰省では、フリースのジャケットを頭に巻いて寝てみました。
起きたら髪の毛ぺったらこ! 
でも、風邪をひかなかったので、よしといたします(*^。^*)

posted by roku at 16:45| Comment(4) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

とりあえず♪

今朝はうっすらと積もるほどの雪でした。
寒いのを幸いに、本日は仕事場から一歩も出ずにお仕事に集中。
午後にひとつ、夕方ひとつ、先ほどひとつ、ようやく送ることができました。
これでとりあえず、ひと安心\(^o^)/
週末、心おきなく実家に帰ることができます。
来週も出すべきものが一つ、二つ、……三つぐらいありますが、
来週は来週の風が吹く、です。
……あ、年賀状っ(+_+)
posted by roku at 22:49| Comment(3) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

あっぷあっぷ

「書きますよ〜」などと書いたとたんに、お仕事の嵐となりました(T_T)
リミットは明日の夜!!
土日が使えればもう少し楽なのですが、今週末は実家なのでこんなことに。
怒涛の遅寝早起き&粗食生活に突入いたしました。
頭の中もぐるぐる猛嵐で、夕飯食べましたっけ?状態です。
明日までがんばります\(^o^)/
posted by roku at 22:02| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

児童文学ウィーク その5

岸さんの出版お祝い会では、翌日声がハスキーになるほどおしゃべりしました。
お相手くださったのは、合評会でご一緒した方々。
おもしろかったのは、私の作品の評の受け止め方が全く違っていたこと。
私はいきなりガビーンときて、メモもとれないほどだったのですが、
皆様によれば「いい評価だったじゃないですか」とのこと。
むしろそれで私がガビーンと来ていたことの方が、驚きだ、と。
「え……あ、あれ? そうでしたっけ?」「そうですよ!」
なんてやりとりがあって、「そっかぁ!\(^o^)/」となり、
「がんばって、書き直しますっ!」宣言をしてまいりました。←単純!
とにかく同じ書き手が集まっているので、刺激がいっぱいなのです。
「○月に新刊が出るんですよ」「この前の○○、すごくよかったよ」
なんて先輩たちの会話が耳に飛び込んでくるのも、超刺激的!、
「2冊目どうなの?」と声をかけられて、とほほ……となる場面も(^^ゞ
岸さん担当の編集の方にも、帰り際に
「がんばって書いてくださいね」とお声がけいただき、
よぉーし、がんばるぞー!となりました。←単純度120%
翌日、お目にかかった方にも「がんばってくださいね」と励ましていただき、
「何が何でもがんばらねば!」状態で帰路につきました。
……たぶん、かなりおだっていた(注:仙台弁)のだと思います。
東京駅構内の〇伊国屋で豆かん1個とプリン2個を買ったのですが、
帰ってきてから袋の中を見たら、豆かん1個しか入っていませんでした(T_T)
――母さん、あのプリン、どうしたんでせうね
ええ、冬、東京から仙台へかえるみちで、
どこか消えてしまったあのプリンですよ
なぜ同じ袋の中からプリンだけが……と、考えております。とほ。
というわけで、児童文学ウィークはおしまい。さあ、書きますよ〜!
……と、軽くオノレを追い込んでおります(*^。^*)
posted by roku at 10:13| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

児童文学ウィーク その4

さて、Oさんとランチを食べたり、おしゃべりしたり、紀伊国屋書店を観たり、
都庁の展望室から富士山を眺めたり、ケーキ(私はプリンア・ラ・モード!)を食べたり、
おしゃべりしたり、おしゃべりしたり、おしゃべりしたりしたあとは、
いよいよ岸さんの出版お祝い会へGO! ……のはずが、あっさり迷いました(T_T) 
遅れないよう、ものすごく近いホテルでお茶をしていたにもかかわらず!
幸い、Oさんも一緒に行ってくださったので、何とかたどり着くことができましたが。
会場は、新宿NSビル1階のイギリス風パブ。とてもおしゃれでした。
さてそこに、季節風会員を中心に40名近くが集まりました。
大御所から私のような駆け出しまで、児童文学の書き手がぎゅっ!と40名あまり。
なかなか壮観でございました。
お祝い会は、岸さんのお人柄そのもののような温かく和やかな会でした。
岸さんのごあいさつ、担当編集者のごあいさつ、同人のお祝いの言葉、祝電など、
感動ポイントは多々ありましたが、私が密かに感動していたのは、
10年前までは知り合いがほとんどいなかった東京に、
見知った顔がこんなにできたということ。それも、児童文学を通して。
考えてみれば、師走の日曜日の夜に、東京でにぎやかに時を過ごすなどということは、
児童文学を書き始める前には考えもしなかったことでした。
思い切って足を踏み出して歩き続けると、面白いことが起こるんだなぁ、と。
うれしくて、楽しくて、2次会まで参加してしまいました。
結局、ホテルに帰り着いたのは午前0時すぎ。
帰りは、主役の岸さんに送っていただいてしまいました。とほ
posted by roku at 09:36| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

児童文学ウィーク その3

出版お祝い会は午後6時から。
なのに10時着の新幹線で上京した理由、それは……。
デート、です(*^。^*) お相手は、先輩作家のOさん!
急な申し込みだったにもかかわらず、快くおつきあいくださいました。
待ち合わせは12時だったので、
とりあえず新宿3丁目(笑)の定宿に荷物を預けて、
師走の新宿を眺めたり、仕事柄デパートのパンフレットを集めたりして。
(伊勢丹、三越、高島屋、ルミネの冬のパンフを入手できて、ホクホク)
迷いつつたどり着いた新宿駅南口でOさんと合流してからは、
めくるめく観光&おしゃべりタ〜イム!
高島屋の上階でランチ→紀伊国屋書店見学
→都庁最上階→京王プラザホテルでお茶という、
Oさんのプランに沿って半日楽しく過ごさせていただきました。
韓国ドラマ、おいしいもの、ダイエットなどのお話の締めはもちろん、
「がんばって書こうね!」。 
Oさんに読んでいただけるような作品を書かねばと、
どこまでも青く透明な東京の冬空に誓ったのでございました。
児童文学ウィーク、あとちょっと続きます(^^ゞ
posted by roku at 11:59| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

児童文学ウィーク その2

12月4日(日)は、東京でした。
目的は、季節風同人の岸史子さんの出版お祝い会。
岸さんとは、私が初めて参加した児童文学のイベント
「夏の童話学校」で出会いました。
エンタテイメント分科会(講師はあさのあつこ先生と石崎洋司先生)で
出会ったのがご縁で、その後、季節風に誘っていただいたのです。
私のデビュー作『ぼくとあいつのラストラン』が、
季節風大会から生まれたことを考えると、
岸さんはまさに、まさに、大恩人!
もちろん、才能ある方でもあります。
忘れられないのは、2007年の季節風の後藤竜二代表の、
日本絵本大賞のお祝い会の席でのこと。
二人でお祝いを申し上げにいったとき、後藤代表は岸さんに
「あなたはもう大丈夫。OK!」と声をかけたのです。
すごい、と思いました。後藤さんに認められるなんて、と。
ちなみに私は「あと半歩」でした(T_T)
そんな岸さんがついに『緑のトンネルをぬけて』(岩崎書店)でデビュー!
こりゃもう、お祝いにはせ参じないわけにはまいりません。
……というわけで、朝8時の新幹線で東京に向かいました。
お祝い会は午後6時から。なのに東京、10時着(笑)
これには、ふかくて楽しいわけがあったのでございます。
posted by roku at 10:44| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

児童文学ウィーク その1

先週末から月曜日までの3日間、
児童文学関連のイベントやら上京やらを楽しませていただきました。
12月3日(土)は、仙台市のメディアテークで開催された、
あさのあつこ先生の対談講演会。
(季節風では「先生」は禁止ですが、
 この講演はいちファンとして参加させていただいたので、先生ってことで(^^ゞ)
本を購入して、並んでサインまでいただいてしまいました。
そしてお土産の笹かまぼこ(もちろん鐘崎さんの!)までお渡ししてしまいました。
10月末に季節風大会の物語分科会でお目にかかったばかりでしたが、
講演内容は初めてうかがうお話も多く、勉強になりました。
角田市の作家・堀米薫さんといっしょにランチしながらお話できたのも、大きな収穫! 
書いてらっしゃる方のお話は、何よりの励みになります。
「がんばるぞ」と、土砂降りの空に誓ったのでございました(*^。^*)
posted by roku at 11:45| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ミッション終了♪

一年がかりのミッションがついに終了しました。
それは、(財)小平記念日立教育財団様の
「小平記念作文表彰式」でミニ講演をすること。
今回が第40回という記念の表彰式であること、
私が日立市出身で児童文学をかいていることから、
お声がけいただきました。
実はワタクシ恥ずかしながら、
日立製作所が(地元民は『日製/にっせい』と呼んでいます)と、
世界のHITACHIがいまひとつ結びついておりませんでした。
今回、講演のお話をいただき、小平記念館などをご案内いただいてようやく、
身近にあった日製が「Inspire the Next」のHITACHIであること、
また、その創始者が小平浪平氏であることを知りました。
不勉強! あまりに不勉強でした。
さらに、HITACHIが日立鉱山付属の修理工場からスタートしたことも、
今回初めて知りました(お話の種として面白く聞かせていただきました)。
さらにさらに、私が小学生の頃毎年応募していた「オダイラサクブン」が、
実はこの「小平記念作文」であったことにもようやく気づきました。
たぶん、第1回目から応募していたはずです。たはっ
「小平記念作文」は、茨城県内では有名な作文コンクールで、
県内のほとんどの小・中学校が参加していたのです。
……というわけで、今年の応募総数は20054編!!
表彰式は、各部門の奨励賞以上の入賞者45名とその保護者の方々、
審査委員の先生方、財団の関係者の方などが参加する盛大なものでした。
小学1年生から中学3年生までを対象とする講演は、
私にとってはかなりハードルが高いものでしたが、
『ふるさとを書くということ』と題して、無事終えることができました。
印象に残ったのは、最優秀賞を受賞した子どもたちの自作の朗読。
低学年・高学年の女の子ははきはきと、中学生の男の子は淡々と、
内容との相乗効果で、それぞれの味わいがよく出ていました。
貴重な体験をさせてくださった、小平記念財団の皆様に感謝です。
小さな作業小屋、5馬力のモーターから始まった、
日立製作所の歴史に触れることができたのは大収穫でした。
写真は表彰式終了時の会場です。撮影する余裕がありませんでした(*^。^*)
posted by roku at 20:03| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする