2011年11月24日

初ゆたんぽ♪

夕べはかなり冷え込んだので、
この冬初めて湯たんぽをつくりました。
電気毛布がないので、我が家では「湯たんぽ」は冬の必需品。
ストーブで沸かしておいたお湯を、
入れればいいだけの手軽さが気に入っています。
震災のときは、このお湯が朝の洗顔に大活躍したのでした。
実はワタクシ、仕事場でも湯たんぽを愛用しています。
おなかの辺りにおいておくだけでも、かなり暖かいです。
今年の冬も、湯たんぽ、大活躍しそうです(*^_^*)
posted by roku at 17:49| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

フレンチな朝♪

仕事場の近くに、某国立大学があります。
この夏、その北門前にあった学食が生まれ変わり、
何やら素敵なレストラン&カフェになりました。
特筆すべきは、そのレストランに
モーニングがあるということ。
しかもそのメニューに、
大好きなフレンチトーストがあるということ。
こりゃあ、行かないわけにはまいりません!
というわけで、行ってまいりました。
念願のフレンチトーストセットは、
フレンチトースト+ミニサラダ+コーヒーで、
なんと300円!
これに、オプションのセット
(サラダ+ベーコン+スクランブルエッグ+ヨーグルト)
180円也をつけると、まるでホテルの朝食のようです。
午前8時の学食には、ほとんど学生の姿はなく、静かで何ともいい雰囲気。
仕事場に泊まりのときは、3食お世話になろうと決めました。
ちなみに今朝は、今週2度目のフレンチトーストでした(*^。^*)
posted by roku at 23:21| Comment(0) | おいしい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

少しずつ、少しずつ

山ほどあった仕事が片付いていくのは、気持ちのいいものです。
手を付ける前は、全容が見えないだけにどんよりしますが、
「ひとつずつ片づけるしかない」と腹をくくると、
はじめはゆっくりでも、だんだん加速していくのがわかります。
近道はないのです。 一歩一歩を積み重ねるしかないのです。
終わってみると、けっこう遠くまで来たことがわかって、
ちょっと誇らしかったりします。
今日は、そんな日。
明日はまた新たな山を抱えることになるかもしれないのですが。
そしてそれは、とても幸せなことなのですが(^_^)
今夜はごほうびとして、とっておきの紅茶をいただきます。
posted by roku at 21:30| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

自主缶詰

とにかくミッションを何とかしようと、
今日は自らを缶詰にしてみました。
仕事場から一歩も出ておりません。
郵便受けをのぞきにすら、行っておりません。
お昼は持参のお弁当でした。
それでも閉塞感がなかったのは、
いつになく電話が多かったからでしょうか。
誰かと話すことは、それだけで外と世界に
ふれているような気分になれるのだと学びました。
加えて原稿の内容が実家方面のことでしたので、
バーチャルで帰省したような気分でした。
ひとまず書きあがったので、声に出して読んでみたら、
29分でした(T_T)
こりゃあ、なかなかたいへんなミッションです(笑)
posted by roku at 22:06| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

ミッション継続中♪

通常のお仕事の合間に、講演用の原稿を推敲しています。
一度書き上げたのですが、さらに見直すことに。
対象が小学校低学年から中学三年生までということなので、
いろいろと工夫してみることにいたしました。
書き始めは、「何をお話すればいいのやら」と、
肩に思いっきり力が入っておりましたが、
ようやく自分らしい文体(口調?)になってきたような……。
あともう一息です(*^。^*)
今夜一度書き上げて、明日はお仕事モード全開で、
原稿の方はちょっとお休み。少し寝かせてみようかと。
この、原稿に磨きをかけていく感じ、嫌いじゃありません。
どうか、みなさんに喜んでいただける原稿になりますように。

posted by roku at 20:46| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

初めてのミッション

東京の友人が、満を持してブログを始めました。
友人が好きな韓国ドラマをテーマにした読み応えのある内容で、
しかも「毎日書く!」と意欲満々。
これに刺激を受けて、私も今週は強化週間とすることにいたしました(笑)。
といっても、いつものゆるゆるな内容なのですが……。
今、私が抱えている最大のミッションは、「ミニ講演」。
これまで、講師の経験は何度かありますが、講演は初めて。
「ミニ」なので、時間が25分程度なのがせめてもの救いです。
現在、原稿を推敲中。
先ほどためしに読んでみたら、17分15秒でした(T_T)
7分45秒も足りない、足りない。どうしよう……。
「あ、そうか、読めばいいんだ!」と、心のメモφ(..)
一日一練習を己に課して、がんばります\(^o^)/
posted by roku at 11:49| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

ねむかき

ぬるめのお風呂に肩まで浸かって、
一日の出来事などを思い返しているとき。
または、ソファーにだらりと腰を下ろして、
深夜のお笑い番組を眺めているとき。
ねむかきすることが多くなりました。
子どもの頃、父がねむかきしているのを見て、
くすくす笑ったりしたものですが、
とうとうそんな年代に入ってしまったのだなぁと、
しみじみしてしまいました(*^。^*)
ちなみに「ねむかき」とは、「居眠り」のこと。
仙台に来て、覚えた言葉のひとつです。
posted by roku at 17:24| Comment(0) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

『ぼくとあいつのラストラン』韓国版♪

初めにお話をいただいたのが、昨年の「海の日」。
ゲラを見せていただいたのが、今年の夏前。
そしてようやく、本が手元に届きましたぁ\(^o^)/
『ぼくとあいつのラストラン』、韓国版です。
ハングルは全く読めないのが残念ですが、
挿絵だけを追っていくと確かに
『ラストラン』になっています。
体裁はソフトカバーで、教科書のようなたたずまい。
ポプラ社版は、スカイエマさんの思いっきりカッコいい絵でしたので、
どんな仕上がりになるのかと心配していたのですが、
これがまた、なんとも昭和の香りが漂っていて、いい感じなのです(←親バカ)。
私がまさに暮らしていたころの「高原」の雰囲気です。
たぶん、日本も韓国も、農村の風景はあまり変わらないのかもしれません。
じいちゃんとばあちゃんの作業着が韓国風なのはご愛嬌。
少年たちの服装や顔立ちは、かなりリアルです。
私が子供のころに読んだ児童書のようで、懐かしさを感じました。
韓国の子どもたちに、どんな風によまれるのか楽しみです。
本が届いたことで、「よし、またがんばらねばっ!」と思いました。
このブログを見ているはずもないとは思いますが、
制作してくださった韓国の出版社の皆様、画家様、ありがとうございました。
posted by roku at 14:57| Comment(2) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

『竜宮ホテル 迷い猫』!

ずっと前に入手していた本を、
ようやく読むことができました。
アンジェリーナのモンブランを味わうように、
ちょっとずつ、ちょっとずつ
味わおうと思っていたのに、
季節風大会帰りの新幹線の中で読み始め、
たどり着いた我が家のお風呂で読み、
お風呂上りに読み、ベットで読み……結局一晩で読み切ってしまいました。
読み終えた瞬間の感想は、「うわぁ〜、もったいない!」
いつまでも、いつまでも、その世界に浸っていたい物語って、
たしかにあるんです。
見えないものを見る左目を持つ、作家。
猫の耳としっぽがある少女。
その友達の、二匹の小さな管狐。屋上庭園を守る少年。
そして、謎めいたもの達が暮らしているクラシックなホテル。
もうもう、大好きなもの尽くし! 
淡いパステルカラーのドロップを散りばめたような物語です。
でも、不思議なことに甘すぎない。
一粒一粒が、それぞれの味わいと輝きを持っているからです。
心ひかれたのは、主人公・響呼の人物像。
やわらかい物腰と思考の真ん中に、
作家としての誇りと矜持をしっかり持っていて、
とにかくカッコいいのです。
どろどろに疲れた心と体に沁み渡る、美しい物語でした。
美しいものが持つ「ちから」を、堪能させていただきました。
*『竜宮ホテル 迷い猫』村山早紀著・三笠書房
posted by roku at 20:12| Comment(0) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする