2011年06月23日

「空色のともだち」、ふたたび。

以前、学研さんの「ぐるみ」というサイトに
「学研教室すいせん電子図書」として
掲載されますというお知らせをアップ
させていただきましたが、
その『空色のともだち』が、
今回は、「学研電子ストア」というところで、
期間限定で無料配信されることになりました。
昨日から配信が始まっているようです。どうぞよろしくお願いいたします。
私自身は、ipadもiphoneもないので、見ることができません(T_T)
誰かにお借りして、見せていただこうと思っております。
pon画伯こと本郷けい子さんの挿絵もとっても素敵で、気に入っています。
近々、また二人で本を作る予定です(……と書いて外堀を埋めてみる(笑))。
これまでとはちょっと違った絵本になると思います。
出来ましたらお知らせさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
写真は、『バラ園の魔女』という作品のモデルになった方からいただいた、
ピエール・ド・ロンサールでございます。ご本人もバラも、お美しゅうございます。
「学研電子ストア」のアドレスはこちらです。
http://ebook.gakken.jp/gstore/book/special.html
posted by roku at 10:32| Comment(5) | 読んだり書いたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

椋鳩十児童文学賞交流会

6月8日・9日と上京してまいりました。
震災後初の上京です。
目的は、
「第21回椋鳩十児童文学賞 受賞交流会」。
今年は、季節風やファンタジー研究会で
お目にかかったことがある
にしがきようこさんが
受賞なさったということで、
思い切って参加を決めました。
直接お祝いを申し上げ、
ご著書にサインしていただこう。
……というのは表向きの理由で、
実際のことろは、
昨年舞い上がりまくって味わえなかった
パーティーの雰囲気を
堪能したいというものでした。
行ってみて驚いたのは、
“ただの参加”だったつもりが、
なぜか来賓扱いになっていたこと。
焦りました。焦りまくりました。
こんなことなら
パーマをかけてくればよかった(←田舎者!)と、激しく後悔いたしました。
結局、選考委員の先生や受賞関係者と同じ御席までいただいてしまい、
心の準備がなかった私は、終始オドオド、アセアセ(T_T)
心情的には、結局昨年と同じ流れに……。
さらに「さあ、お料理でも」と思ったら、何も残っておらず(T_T)
パーティー慣れしていないワタクシ、
昨年と同じくほとんど何もいただくことができませんでした。
もちろん、楽しいこともたくさんありました。
会場で、著書に関する驚くべきことが発覚したのですが、
お知らせできる時期がまいりましたらお知らせさせていただきます。
今はただ、実現することをひたすら祈るのみです。
写真は、会場となった都市センターホテルのエントランスと、
翌日訪ねた新宿御苑のもの。
新宿御苑、イギリスの公園かと思うほど広くて美しかったです
posted by roku at 20:00| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

ひさびさに

IMG_1922-1.JPGひさびさに実家へ帰ってまいりました。
……と言っても、実は2週間前に
田植えの手伝いで帰省したばかりなのですが。
あの頃、山の木々は、
まだぽわぽわと芽吹いたばかりだったのに、
いまやすっかり葉を繁らせて、
ちゃんと「山滴る」の風情に変わっておりました。
ちょうど梅雨の晴れ間にあたったので、
布団を干したり、洗濯したりが、いつにも増して気持ちよくできました。
畑ではサヤエンドウがちょうど収穫時期を迎えておりました。
キュッキュッとした緑色のサヤエンドウをつるからもぐのは、
けっこう力がいります。そしてその分だけ、充実感があります。
子どもの頃から同じ風景にいたはずなのに、
自分が主体的に関わると、たくさん発見があるのだなぁと感心しました。
(言いかえると、今までがボーっとし過ぎていたということなのですが)
この新鮮な感覚を忘れないようにしようと思いました(*^。^*)
posted by roku at 11:05| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする