2009年01月29日

カレンダーコレクション


IMG_9515-1.JPG月の満ち欠けが知りたくて、
そういうカレンダーを
昨年末からずっと探しておりました。
で、先日やっと見つけたのが「旧暦カレンダー」。
日付のところに、その日の月の形が描いてあります。
見つけたときは、ひゃっほー!と思いました。
……思ったのですが、何せ旧暦カレンダー。
日付が西暦じゃないのです。
当然のことながら、メインは旧暦。なので今日は1月4日ということになっております。
んーーー、ちょっとビミョー(-"-)
仕事用としては、トラブルの元になるかもってことで、 自宅に置くことにいたしました。
そして、昨日新たに買いなおしたのが(50%オフだったので)、
その名もずばり、「月の満ち欠け 新暦・旧暦カレンダー」!
こちらは、月の満ち欠けのイラストがメインで、日付の基本は新暦。 
旧暦・六曜は小さ目に入っております。
まさに、まさに理想的! ちなみに本日は、三日月+αです(*^。^*)。
そんなこんなで、我が仕事場の机まわりには、カレンダーが3つ同居しております。
ひとつは、毎月朝日新聞に折り込まれくる「朝日ホームスケジュール」。
もうひとつは、実家からもらってきた、昔ながらの実用第一カレンダー。
そして、今回購入した「月の満ち欠け 新暦・旧暦カレンダー」です。
朝日新聞のはスケジュール管理に、実家からのは行事の確認に、
新しいのは新月確認と観賞用ということで、使い分けております。
写真は、1月11日に撮った満月でございます。遠目ですけど……。
posted by roku at 15:03| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

パソコン騒動


IMG_9493-1.JPG先週末のこと。いよいよ確定申告時期ということで、
そろそろパソコンに打ち込みでも始めようかなぁ、
と思ったわけです(遅すぎです(^_^;))。
で、手始めに、購入後すでに1ヶ月が経過している、
新しい会計ソフトをインストール!
そこで大変なことが発覚しましたっ!!
「こ、これは青色申告会に相談せねば」となり、
さっそく相談に行ってまいりました。

IMG_9497-1.JPG受けてくださったのは、年配の税理士さん。
この方、私が使っていたソフトに詳しい方でした。
その上、パソコンにも詳しい方でした。
Myパソコンを持参したのですが、税理士さんったら、
開けるなりモニターをティッシュでゴシゴシ(@_@)
(静電気でホコリがついていたようです)
さらに「アイコンを整理した方がいいよ」と一言。
(画面の半分がアイコンで埋まっておりました)
動作が遅いのも気になったらしく、「まめにデフラグしなきゃだめだよ」と……。
(デフラグって何ですか?と質問したら、やり方を教えてくださいました。
 要は、データの整理整頓らしいです。……たぶん)
結局のところ、私が「大変だ!」と思ったことは、実は大したことではなく、
税理士さん的には、私のパソコンの雑な扱いの方が大問題だったようでした。
ともあれ、ホッといたしました。「困ったときは青申会」と胸に刻みました。
写真は、お正月に実家で撮った椎茸と楮。ぷくぷくの椎茸が可愛かったです。
posted by roku at 19:19| Comment(0) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

冬日記/陽だまり色の


IMG_9545-1.JPG昔から、いちご味よりオレンジ味が好きでした。
ジャムも、ストロベリーよりマーマレード派。
ブレンドティーも、ベリー系よりシトラス系派。
身にまとう香りも、甘くて濃厚な香りより、
軽くて爽やかな柑橘系の香りが好みです。
……というわけで、金柑です。
この金柑、近所のスーパーで、
一目ぼれして買い込んだもの。

IMG_9551-1.JPGその日は、雪がちらつく寒い日で、
いかにも暖かそうなこの色に心惹かれたのです。
おひさまの色、陽だまりの色だと思いました。
この色を生かして、何か作りたいと思いました。
「金柑で何か」と言ったら、
やっぱり甘露煮です。
以前友人の家でご馳走になったことがあります。
が、残念ながらレシピはうかがいませんでした。
ならばと、ネットで「金柑の甘露煮」を検索! いろんなレシピが見つかりました
検討の結果、最も手軽で(砂糖と水だけ)、最も簡単な(煮るだけ)レシピを採用。
すると、あら不思議! 30分後には、ちゃんと出来上がっておりました(*^。^*)
お味の方は、甘くて、ほろ苦い、ビターオレンジマーマレードのよう。
皺くちゃにもならず、初めて作ったにしては、見た目もまあまあです(と自画自賛)。
ころころの金柑をガラスの容器に入れて日に透かしたら、小さなお日さまみたいでした。
posted by roku at 16:41| Comment(0) | ちょこっとおやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

冬日記/晴れ晴れ


IMG_9541-1.JPGのっけから何ですが、ワタクシ幼少の頃より
変わった味のモノを飲み込むのが苦手でした。
たとえば、子供用の「水薬」。
そう、あの甘くて、カラフルで、薬臭いアレです。
甘いモノは大好きでしたが、いくら甘くても薬は薬。
どんなに薄めても飲めない子供でした。
(ちなみに弟は、私の分まで飲む子供でした(@_@))
大人になった今、「水薬」の壁はなくなりましたが、

IMG_9539-1.JPGかわりに更なる脅威が登場しました。
それが、バリウム。
先週の土曜日、ワタクシ久々に闘ってまいりました。
胃がん検診でバリウムを飲んだのは、数年ぶり。
前の晩は、緊張のあまり胃がシクシク……。
いっそ取りやめた方が胃のためにはいいのでは?
と思いました。んが、家人に検診を強く勧めた手前、
勧めた本人が敵前逃亡するわけにはまいりません。
朝7時に起きて、7時40分には受け付け、着替えを済ませ、検診車に乗り込みました。
乗り込んだらさっそく準備です。まずは発泡剤。…んー、変な味!すでに辛い(T_T)
辛いけど歯を食いしばって、バリウムにチャレンジ。んぐんぐ、半泣きで飲み干しました。
ここでホッとしたのが悪かった。バリウムは、もう一カップあったのですっ!
呆然としました。泣きながら飲みました。何が辛いって、バニラ味なのが辛かった!
文字通り七転八倒しながらの胃がん検診でしたが、喉元過ぎれば…のことわざ通り、
終わった後は何やらすっきり。何かをやり遂げた感でいっぱいに。
お腹ぺこぺこだったので、マクドナルドで朝食をとって帰りました(*^。^*)。
写真は、冬晴れの空。検診帰りの爽やかな気分を表現してみました。
posted by roku at 19:01| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

冬日記/りんご飴


IMG_9532-1JPG.JPG行ってまいりました、どんと祭!!
いつもはご近所の大日如来にお参りするのですが、
今回は家人の知り合いのお嬢さんと一緒なので、
張り切って大崎八幡宮へ。
到着したのは午後6時。
すでに境内はお参りの人でいっぱいでした。
お正月飾りを焚き上げる御神火のまわりには、
下帯に白足袋、腰には注連縄を巻き、

IMG_9523-1.JPG口に含み紙をくわえた裸参りの行列が続々と到着。
その姿は、pon画伯が描いた
「仙台おさんぽかるた」の絵札そのまんまで、
なんとなく誇らしい気持ちになりました。
御神火にあたって、大崎八幡宮におまいりして、
おみくじを引いたら(ちなみに大吉でした)、
いよいよお祭り満喫モードに突入!
お嬢さん(小3)を連れて、夜店めぐりです。
まずは食べたい物をということで、私は焼きとうもろこし、彼女はバナナチョコ。
次は、夕飯代わりにということで、二人で焼きそば(目玉焼き付き)を1パックずつ。
食事の後は、デザートのいちご飴を食べながらお嬢さんのお土産選びをサポート。
彼女は迷いに迷った末、珍しい3色綿菓子ときれいなべっこう飴を購入し、
さらにクジで笑っちゃうほど大きな風船人形(スティッチ)を当てておりました(笑)
夜店めぐりの仕上げは、もちろんりんご飴! 
今回は、お嬢さん用1個と、自分用2個を買い求めました(*^。^*)
大・中・小のサイズのうち、勢い込んで「大」を選んだのですが、
ひさびさだったので食べるのに難儀しました。
(テーブルの角で飴をかち割ってから、かぶりつきました)
あとで鏡を見たら、口の周りと、なぜか鼻の穴も赤く染まっておりました(T_T)
仙台のどんと祭、楽しいです。そしてりんご飴、やっぱりおいしいです。
りんご飴は私にとって、まぎれもなく冬の味。
あの赤は、かじかんだ気持ちをちょっとだけ明るくしてくれる冬の色です。
posted by roku at 17:25| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

冬日記/鳥追いの夜


IMG_9506-1.JPG明日は小正月。そして今夜は「どんと祭」。
日が暮れてきたせいでしょうか、
裸参りの行列のチリン、チリンという
鐘の音が聞こえてまいります。
我が実家のある茨城県北部(の山間部)には、
「どんと祭」のかわりに
「鳥追い」という行事があって、
竹と茅とで鳥追い小屋なるものをつくり、
集落の子供たちがその中で火を焚いて、甘酒を飲んだり、
田楽餅(豆腐のたれをお餅につけて焼いたもの)を食べたりします。
夜、友達に会えるだけでもうれしいのに、火は焚き放題、
甘酒飲み放題で、お餅食べ放題と来た日にゃあ、です。
楽しくて楽しくて、ワタクシお餅7個完食という記録を打ち立てました。
(それ以上は母ににらまれて、記録更新はなりませんでした(T_T))
最後は、小屋を燃やしてお祭りはおしまい。
炎を見つめながら、子供心に、
お祭りのあとの寂しさをかみ締めたのを覚えています。
というわけで、これから仙台の冬の風物詩「どんと祭」に行ってまいります!
目標は、りんご飴! 楽しみです〜♪ 
写真は、玉澤総本店のお正月のお菓子「花びら餅」でございます。
posted by roku at 17:01| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

冬日記/お正月の風物詩


IMG_9503-1.JPGふだんの私は、妻でコピーライターで、
児童文学作家見習いで、
おさんぽ屋の社員(笑)です。
これがお正月になると大変身!
嫁で義妹で、長女で義姉になります。
つまり、いつもの100倍ぐらい
気を使わなければならない場面が
増えるということです。
ふだんから家事全般“できる人”なら
何の問題もないのでしょうが、そうでないからたいへんです。
“できなさ”を“やる気”と“気合い”でカバーしようとするのですが、
家事というものは、やはり日ごろの精進がモノを言うようで……。
ワタクシ、今年もまたやらかしてしまいました。
場所は、我が実家。モノは、ポテトサラダに入れるキュウリ。
実家では調理&盛り付けは義妹(これがまた“できる人”なのです)、
片付け&洗い物は私と、いちおう役割分担ができています。
でも……と、義姉はその時思ったわけです。
いつもいつも義妹に包丁を握らせてばかりでいいのだろうか、と。
そしてこうも思いました。家族にいいところを見せるなら今だ!と。
(キュウリって、いかにも切りやすそうだと思いませんか?)
で、結局、私がそのポテトサラダ用のキュウリを切ることになりました。
♪トントン、トントンと。いい音させて、♪トントン、トントンと。
――はい、結果はご想像通りでございます(T_T)
お正月早々、私は流血の大惨事(大げさ!)。家族はなぜか大爆笑!!
年々自分の立ち位置が“寅さん化”しているような気がしてなりませんが、
「笑う門には福来る」。ともあれ楽しいお正月でした(*^。^*)
posted by roku at 20:26| Comment(2) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

謹賀新年


IMG_9487-1.JPGあけましておめでとうございます。
我が社(笑)も今日から仕事始めです。
年末は毎年のことながら、
年賀状と仕事場&自宅の大掃除でバタバタ。
年が明けたら明けたで、
家人&自分の実家への年始まわりでバタバタ。
年末ジャンボが当たるような
華やかな出来事はありませんでしたが、
母の手料理を食べたり、箱根駅伝を見たり、久々に会う親戚を迎えたり、
“いつも通り”のお正月を過ごせたのが何よりの幸せでございました。
また来年も“いつも通り”に過ごせるように、てくてく歩いてまいります。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
ちなみに写真は、実家の父が作った注連飾りです。
「昔取った杵柄」とはよく言ったもので、
昨年末には地元のイベントで「注連飾り講座」の講師を務めたのだとか。
過疎とは言いながら、けっこう楽しく暮らしているみたいです。
posted by roku at 17:26| Comment(6) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする