2008年12月31日

今年もお世話になりました


IMG_9387-2.JPGあと3時間ほどで2008年が終わります。
今年は本当に、“動”の年でした。
放っておくと忘れてしまいそうなので、
ちょっとだけ振り返ってみます。
1月、家人の仕事の関係で、
超朝型生活になりました。
2月、お仕事がゆったり気味になったので(笑)
ロバート・ウェストールを読みはじめました。
3月、ウェストール全巻制覇! 両親と温泉に行きました。
4月、フリーになりたての頃に書いた詩に再会。活を入れられた気分でした。
5月、児童文学の勉強会、児文協の総会に参加。刺激受けまくりでした。
6月、『新・童話の海』に入選! うれしくてうれしくて、泣きました。
7月、市民センターの講座の講師を務めました。勉強になりました。
8月、数年ぶりに海にゆき、腫れるほどの日焼けをしてしまいました(T_T)。
9月、ついに『仙台おさんぽかるた』発売! 何かが動き出しました。
10月、pon画伯の個展で「かるた大会」を開催。盛り上がりに感激いたしました。
11月、児童文学の同人誌「季節風」の合宿。熱くて痛くて心地いい二日間でした。
12月、種蒔き開始! 新しい年に向けて、いろいろなことが動き出しました。
ただじっと待っていても、状況は変わらない。
思い切って一歩足を踏み出すと、一歩ぶんだけ風景がかわる。
――そんなことを再認識した一年でした。
来年はたぶん、勝負の年。あらゆる意味で、“頑張りどき”になりそうです。
また来年も、よろしくお願いします。
posted by roku at 21:38| Comment(5) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

冬日記/寒さ対策


IMG_9391-2.JPG私の仕事机はベランダに面しています。
目の前は、高さ170センチほどのサッシ。
明るいのはいいのですが、寒いんです、これが。
エアコンと温風ヒーターがあるにはあるのですが、
最高気温が低い日はほとんど効きません。
というわけでここのところ、
足元から這い登ってくる
寒さと戦う日々が続いております。
必須アイテムは、ババシャツと貼るホッカイロ(背中とお腹に2枚貼りです)。
仕事中は、フリースの靴下をはき、フリースのひざ掛けを巻き、
湯たんぽ、レンジでチンするホットパック、電気座布団等で寒さに対抗しています。
さらに最近は、体の中からの寒さ対策にも取り組んでいます。
朝は生姜と黒砂糖を入れた紅茶、夜は寝る前に「養命酒」(笑)、
お風呂に入ったら冷え予防のツボをぐいぐい押し、
昨日からはツボに米粒を貼っております(置き針のような効果があるらしい)。
……はい、そうなんです。ワタクシ、ものすごい寒がりなのです。
真冬にビールや生卵が凍るぐらい寒いところで生まれたにもかかわらず、
寒さが大の苦手で、「寒い」と思っただけで風邪を引きそうになるのです。
聞けば、年末年始はかなりの寒さになりそうだとか。ひょえええ〜。
帰省の際に、薄いタイツを重ねて履くか、それとも分厚いタイツ1枚にするか、
そんなことを真剣に考えている、今日この頃でございます。とほ
posted by roku at 18:54| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

冬日記/懐かしい音

冬になると必ず思い出す“音”があります。
それは、シャンシャン、シャンシャンという透明な音。
雪に埋もれた小さな街を駆け抜けてゆく、チェーンの音です。
その頃私は、ぬいぐるみ人形劇団のアルバイトをしていました。
劇団には「劇場公演」といって、1時間あまりのお芝居を
市民会館などのホールで上演する仕事がありました。
この「劇場公演」がもっとも頻繁に行われたのが、冬。
しかも、公演地は青森、秋田、新潟といった雪の多い地域です。
午前9時の開館に合わせて会場に入るためには「前乗り」といって、
前日のうちに現地に入らなければなりません。
気象や道路状況を考えれば、
できるだけ早く出発した方が良いに決まっているのですが、
メンバーのほとんどが学生だったため、出発はどうしても放課後になります。
「夕方出て、到着は深夜」ということも珍しくありませんでした。
道中、同じ年代のバイト仲間が集まったワゴン車の中はにぎやかです。
しかし、午前0時を過ぎれば、さすがの元気者たちも疲れてきます。
話し声もまばらになった車の中から、ガラスを拭って外を見ると、
そこは名前も知らない小さな街。
雪に埋もれて寝静まった街に、私たちを乗せた車の、
シャンシャン、シャンシャンという音だけが響いていました。
――美しい、けれどどこか切ない音でした。
冬、あの音を耳にする度に、あの頃のことを思い出します。
そして、まだ学生の私がワゴン車に乗って、
どこか遠い雪の街を走っているような気がするのです。
posted by roku at 16:30| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

おいしい時間


IMG_9338-1.JPG先週の土曜日のことです。
私と家人が学生時代に入っていた
ぬいぐるみ人形劇団の忘年会がありました。
劇団はすでにないけれど、先輩方のおかげで、
年に一度の忘年会だけはずっと続いているのです。
いつもの年なら二人そろって参加するのですが、
今年は財政難のため、代表1名のみの参加に(T_T)
さらに、タクシー代節約のため、

IMG_9342-1.JPG私はドライバーとして待機することに(T_T)(T_T)。
でも、結局電話で呼び出されて、
2次会に顔を出させていただきました。
会場は、カラオケボックス(何年ぶりでしょう)!!
その場に一歩足を踏み入れたとたん、
時間が巻き戻されたような気がいたしました。
当時とほとんど変わらない、懐かしい顔がずらり!
何年も会っていない方もいるのに、
みんな昨日も会ってたみたいに語り合い、冗談を言い合っているのです。
ワタクシ的には、憧れていた先輩と親しくお話しできて大満足!
楽しくて、うれしくて、ひさびさに胸が熱くなりました。
この勢いを借りて、本日これから、とあるコンサートに行ってまいります。
実は、「行こう!」と思い立ったのが、ゆうべ。
そして、運よくチケットを手に入れることができたのは、今朝。
誰かに「原点にかえれ」と言われているような気がしています。
写真は、パン・オ・フィグ。ココロに栄養を…ってことで(*^。^*)
posted by roku at 16:55| Comment(2) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

種蒔き、開始!

気がついたら、もう12月も1/3が過ぎてしまいました(T_T)
お仕事はそれほどでもないのに、気持ちばかりが焦っております。
(あ、お仕事がそれほどでもないから、焦るのかも)
走っても走っても前に進まないとか、電話のダイヤルがうまくまわらないとか(古っ!)、
飛んでるけど地面すれすれの低空飛行でいっそ歩いたほうが速かったりとか、
何とももどかしい夢を時々みることがありますが、毎日があんな感じです。
関東地方の冬空のようにパキーンと晴れ渡ってほしいけど、
頭上を覆う雲は分厚く、いつ消えてくれのかもわからず。
この雲を晴らすためには、風を待って悶々としているだけではだめで、
自らが動いて風を興さなくてはならないのだと思います。
しかも私は、もともと走りながら充電するタイプ。
立ち止まってのんびりすると、疲れがとれて元気になるどころか、
電気だだ漏れでパワーが低下してしまうのです。
……ってことで、ちょっとずつですが、動きはじめることにしました。
年内もあと3週間ですが、種蒔きをはじめます。
今すぐでなくても、いつか芽が出て、実を結びますようにと祈りながら。
posted by roku at 21:59| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする