2008年11月26日

パソコン大手術!


IMG_9347-1.JPG一気に冬がやってきた感のある杜の都。
私の仕事場には、凄まじい嵐がやって来ました。
今やっと少しだけ落ち着いたところですが、
パソコンが……パソコンが……パンク寸前!
もうあとちょっとでパンク(容量オーバー)に!
これはもう年末年始を乗り切れないと考え、
まずはVAIOのカスタマーセンターにSOS。
それからパソコン先生にSОSいたしました。

IMG_9366-1.JPGで、「パソコンを初期状態に戻すしかない」
という結論に達し、リカバリすることに。ひ〜(T_T)
これ、バチスタ並みの大手術でした。
そしてその後遺症は、いまだに続いております。
まず、顔文字が出ない!せっかく慣れてきたのに!
次に痛かったのは、会計ソフト!
あると思っていたソフトが手元になく、
これまでのデータが使えなくなってしまいました。

IMG_9354-1.JPGどこいっちゃったんだ〜、弥生会計02!
せっかく、6月分まで領収書整理したのにぃ〜!
ま、おもしろいこともありました。
ノートンさんに電話したのですが、
どうしても「リカバリ」という言葉が出てこず、
「ディスカバー…デカバリー…デカバン…」
スタッフの「?」という顔が見えるようでした(笑)
まだこの嵐、続きそうです。ふう〜。
写真は、先日pon画伯、パソコン先生とおさんぽに行ったときのもの。
赤い実をスグリと思い込み食べたのですが、これは藪さんざしといって、
食用ではありませんでした(かといって毒でもなし)とほ。
posted by roku at 16:58| Comment(2) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

湯たんぽの夢


IMG_8990-1.JPG街路樹が、すっかり色づいてまいりました。
暖かいものの恋しい季節でございます。
寒さにとにかく弱いワタクシは、
朝晩が冷え込むようになった先週から、
炬燵、ストーブを出動させておりました。
(羽毛布団、毛布はその前からです(^_^))
そして昨晩、ついに、ついに、
満を持して“湯たんぽ”が登場!!

IMG_9038-1.JPGこれで朝まで、ぬくぬくぐーぐーです。
快適に眠れたせいでしょうか、
ゆうべは珍しく前向きな夢をみました。
なぜか、仲間由紀江さんと漫才コンビを組む夢。
私はツッコミ担当でした。
そして「漫才ってのは、相方の腕次第だな」と
上から目線で考えながら、
仲間さんを指導しているのです。
でもネタはけっこう面白かったらしく、ひさびさに自分の笑い声で目を覚ましました。
気分がいいので(…って無理やりですが)、『仙台おさんぽかるた』の写真をアップ!
初めて仙台で「ずんだ餅」を目にしたとき、蛍光グリーンの餡にびっくりしました。
さらにそれが「抹茶味」でなかったことにまたびっくり(緑=抹茶だと思ってました)!
おいしくて、またびっくり! 枝豆を餡にするなんて、いったい誰が考えたのやら。
まだ召し上がったことのないという方、仙台名物ずんだ餅をぜひぜひご賞味あれ!

◎本日のかるた……「え」
枝豆の 香り豊かな ずんだ餅
posted by roku at 13:02| Comment(3) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

ブヨに噛まれた!?


IMG_9319-1.JPG先日、仕事場に家人から電話がかかってきました。
「ブヨに噛まれて血が出たので病院に行く」
ん?と思いましたが、慌てているようだったので、
「そう、気をつけてね」と返しました。
……でもね、おかしいな、とは思ったのです。
今この季節にブヨなんているのかなぁ、と。
痒いというならわかるけど、
ブヨに噛まれてそれほど血が出るかなぁ、と。
さらに、ブヨなんかに噛まれたぐらいで、病院に行ったりするのかなぁ、と。
そもそも、「ブヨに噛まれる」って、日本語として間違ってないかな、と。
……はい、間違っていたのはワタクシでした。「ブヨ」ではなく「ブー」でした(T_T)。
ちなみに、「ブー」は知り合いの家の飼い犬です。
家人は頼まれて、ときどき散歩に連れていったり、洗ってあげたりしていたのです。
それなのに、それなのに、まさに飼い犬に手を噛まれてしまった家人、
「ムツゴロウさんの気持ちがわかった」と、ワケわかんないことを言っておりました。
写真は、ご近所で見かけたニャンコ。気持ちよさそうにゴロゴロしておりました。
posted by roku at 20:21| Comment(2) | とんぴくりん事件帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

まったり日曜日


IMG_9313-1.JPGひさびさのお休み、パジャマのまま、、
自宅でまった〜り過ごしました。
外に出たのは、新聞を取りに行ったときのみ。
携帯電話の歩数計(ついてるんです)は、
本日0歩!!
ひょっとすると、起きてた時間より、
横たわっていた時間の方が多いかも。
横たわったまま本を読んで、

IMG_9312-1.JPGハッピーターンを食べて、ちょっとうたた寝。
親が見たら一言言わずにはいられないような、
自堕落な休日を演出してみました(笑)。
気づいたのは、体がだらだらしてると、
気力もだだ漏れになっていくということ。
あれをしようとか、これをしようとか、
そういう気力がなくなっていきます。
図らずも、心と体が作用しあっていることを確認。

IMG_9315-1.JPG気持ちが沈んできたら体を動かすといいって、
本当みたいです。
写真は、先日、おさんぽの途中に撮ったもの。
近くの国立大学の構内にレッドカレント(たぶん)と、
柿の木があったのにはびっくりいたしました。
よくよく探せば、もっと面白いものが
いっぱいありそうです。
収穫はどうするんだろ? 気になります(*^。^*)
posted by roku at 16:57| Comment(4) | 風のような話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ちょこっと親孝行


IMG_9304-1.JPG一日目は、午後1時から午後6時まで合評。
二日目は、午前9時から12時まで合評。
児童文学一色の濃くて熱い二日間を経て、
ヘロヘロ状態で帰仙したワタクシ。
連休三日目は、何もせず、ゆっくり休んで
心身の疲れを癒すつもりでした。……んがっ!
実家の母から「大内宿に行かないか」との電話が!
で、結局、須賀川で待ち合わせということになり、

IMG_9303-1.JPG普段より断然早起きして(午前4時ですよ、4時!)、
まだ暗い5時30分に仙台を出発いたしました(T_T)。
仙台→須賀川→大内宿→会津若松→須賀川→仙台
もう、どんだけ走るの?ってぐらい、走りました。
急だったのでプランも何もありませんでしたが、
大内宿を観て、芦ノ牧温泉で温泉に入って、
会津若松でわっぱ飯を食べて、紅葉を見て、
短い時間ながら、できるだけのことをいたしました。
疲れましたが、そりゃもう疲れましたが、
両親が喜んでくれたので、善しといたしました。やれやれ(*^。^*)
posted by roku at 17:33| Comment(2) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

いいとこ見っけ♪


IMG_9287-1.JPGまるで外国の建物のように見えますが、
こちら、東京大学の構内です。
ワタクシ、この歳になって初めて、
東大に足を踏み入れました。
そこは、趣のある建物がいくつも立ち並ぶ、
雰囲気のいいところでございました。
――なぜ、東大なのか?
実は、今回の東京行き最大の目的だった

IMG_9288-1.JPG児童文学の同人誌の合宿の会場が、
この東京大学のすぐ近くだったのです。
前回(一昨年)参加したときは、
それこそ右も左も分からない状態でしたので、
東大見物など、考えつきもしませんでした。
今回も、余裕があったわけではありません。
初参加の分科会は厳しくて、刺激的で、
皆さんの熱気についていくのが精一杯。

IMG_9292-1.JPG解散して、そのあともティールームで話をして、
帰る頃には、頭の中がオーバーヒート状態に……。
暮れかかる東大内を歩くことで、
少しだけクールダウンすることができました。
帰りの時間を気にしながらでしたので、
はや歩きの散策になってしまいましたが、
池があったり、木立があったり、
時間があればじっくり歩いてみたかったです。
posted by roku at 19:17| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

庭園散策


IMG_9273-1.JPG開館30分前から並んだ甲斐がありまして、
「大琳派展」、たっぷり堪能することができました。
圧巻は、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一による
『風神雷神図屏風』と鈴木其一の『風神雷神図襖』。
基本的には同じ構図だけど、色や風神・雷神の
力強さがちょっとずつ違っていて面白かったです。
好きだったのは、鈴木其一の『蔬菜群虫図』。
ぶら下がっている胡瓜に心惹かれました(笑)

IMG_9278-1.JPGこの絵を見て、東寺・小子房『瓜の間』にあるという、
堂本印象の西瓜の襖絵がますます見たくなりました。
(西瓜好き・日本画好きにはたまらない襖絵なのです)
華麗な日本画の世界に浸った後は、
博物館の裏にある日本庭園を見学いたしました。
春と秋だけ公開されるという庭園は、
展覧会の喧騒が嘘のような、静かなたたずまい。
風がザーッと吹く度に、木の葉がはらはら、

IMG_9282-1.JPG木の実がぱらぱら降ってきます。
どこからか『風の又三郎』の冒頭のフレーズが
聞こえてくるような光景でございました(笑)。
……ここで終われば素敵な思い出なのですが、
終わらないのが“とんぴくりん”。
大きな銀杏の木の下を通りかかったとき、
風が吹いてきて、銀杏の実が頭を直撃! ひ〜っ!
風の又三郎のイタズラだったのでしょうか(-"-)
posted by roku at 17:49| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

大琳派展♪


IMG_9276-1.JPG1日2日と、東京へ行ってまいりました。
目的は、児童文学の同人誌の合宿。
旅館に泊まって、みっちり合評会をするのです。
集合時間は12時30分。 けっこうゆっくりです。
「ならば」というわけで、少し早めに上京して、
『大琳派展』を見学することにいたしました。
上野駅で抜かりなくチケットを購入して、
午前9時には博物館に到着。――着いてびっくり!

IMG_9246-1.JPGすでに長蛇の列ができているではありませんか。
内心焦りつつも、お澄まし顔で列に並びました。
見上げれば、透き通るような青い空。
樹木も鮮やかに色づいて、気分がいいことこの上なし。
芸術の秋を堪能するのに、ぴったりのお日和だわ。
などと、アートなマダムを気取っていると、
「どなたかスカーフを落としませんでしたかぁ?」の声。
見ればスタッフの方が、見覚えのあるスカーフを手に、

IMG_9278-1.JPG行列の前を行ったり来たり、ラジバンダリ(笑)。
……はい、もう展開はご想像通りです。
ワタクシ、とことんお澄ましが似合わない、
生まれ着いての“とんぴくりん”なのです。
でも、悪いことばかりじゃないんですよ。
「よかったですね」「あわててたのよねぇ」などと
声をかけていただいたりして、うれしくなりました。
ちなみに『大琳派展』、やっぱ素晴らしかったです。
posted by roku at 17:40| Comment(0) | とんぴくりん旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする